« キアシナガバチの卵、2008年5月18日撮影 | トップページ | 揺籃に産み付けられた卵、2008年5月18日撮影 »

2008年5月22日 (木)

マムシグサ、キノコバエ?、コメツキムシ、ハバチ、2008年5月17日撮影

Mamusigusa_01_080517064 マムシグサが咲いていました。見たことのない方にはこの写真ではどんな形の花なのか判りにくいと思います。その場合は「マムシグサとサトイモ科の肉穂花序」というwebサイトに詳しく紹介されていましたのでそちらをご覧下さい。

 上のサイトでも紹介されていましたが、マムシグサには雄株と雌株があって、雌花は花粉を運んできた虫を閉じ込めて殺してしまうそうです。

Mamusigusa_02_080517080 2枚目の写真は花の上にかぶさったもの(仏炎苞というそうです)をめくり上げて真上から写したものです。確かに虫の死骸がありました。

Mamusigusa_03_080517072 ピンセットで引っぱり出した虫の死骸です。キノコバエノ1種でしょうか「?私には同定できませんが、どうも全部同じ種のように見えます。

 上で紹介したサイトの写真では数種の虫が雌花の中で死んでいるのが写っていますが、今回の例は偶然なのでしょうか?よく分かりません。

 


Mamusigusa_05_080517088  付近に咲いていた10ほどの花を覗いてみましたが、いくつかにはコメツキムシの1種が入っていました。花の中で死んでいる虫を食いに来ているように見えました。いろんな生活があるもんですね。

Mamusigusa_04_080517118 1株だけですが、ハバチの幼虫が付いているものもありました。なかなかマニアックなハバチもいるものです。 

 マムシグサに寄生するハバチというのは一応調べてみましたが、見つかりませんでした。

|

« キアシナガバチの卵、2008年5月18日撮影 | トップページ | 揺籃に産み付けられた卵、2008年5月18日撮影 »

双翅目」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/21081823

この記事へのトラックバック一覧です: マムシグサ、キノコバエ?、コメツキムシ、ハバチ、2008年5月17日撮影:

« キアシナガバチの卵、2008年5月18日撮影 | トップページ | 揺籃に産み付けられた卵、2008年5月18日撮影 »