« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

キジラミタマバエの1種、2008年6月29日撮影(タイトル変更、追記あり)

 昨日の朝、雨のせいで外に出られそうにないと書きましたが、その後9時頃には雨が上がったのでたまらずに、出かけました。時折小雨のぱらつく天気でしたが、今の時期は外に出さえすれば何か見つかる、ありがたい季節です。

Aburabati_1_080629053
 公園の池のガマに黒いアブラムシがついていて、アリ、ヒラタアブ、ヒラタアブの幼虫、ハエ類等が右往左往する中、アブラバチらしき小さなハチがせっせとアブラムシに産卵 していました。動画も撮ったのですが、あんまりできがよくないので、今度いいのが撮れればアップしようと思います。1mmそこそこのハチなので、フォーカスをあわせ切れませんでした。

Aburabati080629051
 アブラムシはハチに背中に乗られてもまったく反応しませんが、産卵管を突き刺されるとしきりにお尻を持ち上げて抵抗します。しかし、このハチには効果がないようです。

2011年9月4日追記:
 ezo-aphidさんからのご指摘で、タイトルを変更しました。
 キジラミタマバチ科のハチは、キジラミやアブラムシに寄生する寄生蜂に対する2次寄生蜂。アブラムシの寄生する1次寄生蜂はツヤコバチ科またはアブラバチ亜科とのこと。なお、アブラムシはガマノハアブラムシだと思います。下に翅脈の見える写真と動画をアップします。寄主選びに慎重なのは2次寄生蜂だからでしょうか。

Simyaku080629048

 翅脈の見える写真。

  できの悪い動画ですが、気が向いたらごらんください。                                       


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

ナナホシテントウ、2008年6月22日撮影

 昨夜出張から帰ってきました。行き先は東京でしたが、久々に人ごみを歩いて疲れてしまいました。私にとってはできれば行きたくない場所ですね。
 ただ、代々木公園のスズメにはちょっと驚きました。昼食時、少し時間があったので代々木公園に行ってパンをかじっていると、スズメが集まってきて、足元のパンくずを拾います。中には私が座っているベンチの上に上がってくるスズメもいて、試しに手のひらにパンくずを置いてみると、手のひらにもあがってきました。こんなに人を恐れないスズメを見たのは初めてです。カメラを持っていなかったのが、悔やまれます。

Nanahositenntou080622104
 写真はナナホシテントウです。ご覧のように鞘翅の両側が大きくへこんでいます。最初、チラッと見た時はテントウムシに擬態したほかの虫かと思ってしまいました。鳥にでもやられたのでしょうか、よろよろと逃げていく後姿が哀れでした。

 今日は予報通り、朝から雨が降っています。久々に1枚の写真も撮らない週末になりそうなので、今週はネタにつまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

ムモンオオハナノミ、2008年6月21日撮影

Entotudorobati_1_070915005
昨年秋にみつけたエントツドロバチの巣です。出入りするハチのいい写真が撮れなかったのでブログには出しませんでした。その後煙突部分はなくなり、ふさがれました。いくつかの育房がこの中に塗りこめられています。(2007年9月15日撮影)

Entotudorobati_2_080621063
2008年6月21日撮影の同じ巣です。写真は撮りそこねましたが、1週間前には新たな煙突が作られていました。竹筒ハチ図鑑によると「羽化した娘バチは母巣にとどまって繁殖する傾向がある。」とのことなので、羽化した娘ハチが活動し始めたのだろうと思っていました。しかし、この日覗いてみると煙突がなくなっており、写真では判りにくいと思いますが、穴があいていました。

Oohananomi080621075
 あんまり気になったので、育房を2個取り外して割ってみました。乾燥していると石のように硬くで、とても素手で割れるようなものではないのですが、雨を吸ってやわらかくなっており、簡単に割れました。で、出てきたのはハチではなくこのムモンオオハナノミでした。しかも、2個の育房から2匹のムモンオオハナノミ。驚いてしまいました。
 この虫は過去に1度だけ見たことがあって、楽天ブログで紹介しています。最初大きなハナノミとして紹介しましたが、最近ハムシドロバチについて詳細なコメントを頂いた覇蟆邇(はまに)人さんにムモンオオハナノミであることと、その生態について教えていただきました。詳細は上のリンク先のコメント欄をご覧下さい。ほとんど見ることのない虫ですが案外寄生率は高いのかもしれません。

 今日から土曜日まで出張で更新できません。日曜日に更新できるかどうかもちょっと微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

ドロノキハムシ

Doronokihamusi_0_080607201
ハムシドロバチの1種を撮影した場所のドロノキハムシです。黒く点々とみえているのが幼虫です。ヤナギハムシが1匹だけ写っています。(6月7日撮影)

Doronokihabati_2_080622089
交尾しているペアもたくさん見られます。このオスの腹に卵が付いているのはどういうことでしょうね。このハムシはそばでごそごそと撮影していてもまったく動じない大変写真の撮りやすい虫です。(6月22日)

Doronokihamusi_tamago_080622098
このような卵塊が多数見られます。これは葉裏にあったものですが、葉の表にもしばしば見られます。

Doronokihamusi_1_080621166
これが飛ぶ瞬間を撮った連続写真ならかっこいいのですが、そうではなくて、何をしていたのかはわかりませんが、何度も翅を開いたり閉じたりしている個体がいたので撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ホソヘリカメムシの幼虫

Hosoherikamemusi1080621235
遠目にはやはりアリにしか見えません。
しかし、アリグモなどもそうですが、動きがちょっとアリとは違うので二度見してしまいます。

Hosoherikamemusi2080621244
口はカメムシの口ですね。

設定をコロコロ変えてすみません。まだ試行錯誤中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

キクスイカミキリの産卵、2008年6月21日撮影

Yomogi080621211  ヨモギやセイタカアワダチソウがお辞儀しているのをよく見ます。





Yomogi_2_080621209  よく見ると茎には噛み痕があって、











Yomogi_3_00614098  茎の中に卵が産みつけられています。





Kikusuikamikiri080621197  これがキクスイカミキリの仕業だということは、何かで読んで知っていましたが、現場は今日始めて見ました。この段階ですでにヨモギはお辞儀しています。噛み痕を付ける間に萎れてくるようです。

 なお、先週まで紹介していたキアシナガバチの巣は、今日行ってみると跡形もなくなっていました。多分、公園管理の人に撤去されてしまったのだと思います。場所的にちょっと危ないとは思っていました。残念ですが仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

ヒゲコメツキ、2008年6月15日撮影

梅雨だからしょうがないですが、この土日はちょっとくらい外に出られるでしょうか?

ヒゲの立派なヒゲコメツキです。結構ゴツイ大顎ですね。

Higekometuki080615011Higekometuki080615016 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

マダラアシゾウムシ、2008年6月8日撮影

時々見かけるゾウムシですが、よく見ると結構異様なすがたですね。角度を変えて3枚。
Madaraasizoumusi_1_080615031 Madaraasizoumusi_2_080615042 Madaraasizoumusi_3_080615033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

ラミーカミキリ、2008年6月8日撮影

Rami_kamikiri080608155  田圃の土手にカラムシが繁茂していて、ラミーカミキリがたくさん来ていて、ブンブン飛び回っていました。飛んでいるところを撮ってみようとしましたが、ブレボケ写真しか撮れませんでした。恥ずかしいので小さめの写真を出しておきます。

Rami_kamikiri080608159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

クロフハネナガウンカ、2008年6月14日撮影

Kurofuhanenagaunnka_2_00614137  Kurofuhanenagaunnka_1_00614140
Kurofuhanenagaunnka_3_00614153  エノキの幹にとまっているのを見つけました。ハネナガウンカの1種だろうというのは見当がつきましたが、帰宅後調べて、クロフハネナガウンカと判明しました。
 横から、上から、正面からの3枚を貼っておきます。

 どうも編集がうまくいかなくて頭にきています。ココログでのブログは始めたばかりですが、また移るかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

モチツツジカスミカメ、2008年6月15日撮影

Motitutujikasumikame080615117  モチツツジカスミカメは名前通りモチツツジで暮らしているカメムシで、小さくて目立ちませんが、今の時期にはたくさん見られます。

 モチツツジの表面はベタベタしていて、よく小さな虫が動けなくなっています。モチツツジカスミカメはこのような虫の体液を吸います。

 写真はアブラムシ?の体液を吸うモチツツジカスミカメです。左が成虫、右が幼虫です。こうしてみると、仲良く同じ虫の体液を吸っているように見えますが、この直前まで成虫が幼虫を追い払っていました。何度追い払われても、しつこく近付いている内にこういうことになりました。これは、成虫が諦めて幼虫を許容した訳ではなく、成虫が幼虫に気付いていないような気がします。偶然正反対の位置関係になったからではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

ジュンサイハムシ、2008年6月15日撮影

Junsaihamusi_3_080615135  ある溜池をのぞいてみるとヒツジグサ(?)の葉の上に何かたくさんのっています。また、ボロボロになった葉も目に付きます。


                                                         Junnsaihamusi_1_080615124            岸に近いのをよく見ると、黒いのはハムシの幼虫、黄色いのは蛹でした。上の写真の、ボロボロの葉はこの幼虫達が食い荒らしたのでしょう。十分成長した幼虫は葉の上に上がって蛹化するという事のようです。写真には成虫も1匹写っています。

Junnsaihamusi_2_080615130  成虫のアップです。この写真で、ジュンサイハムシだと分かりました。
 正直に言ってちょっと気持ち悪い光景でした。



Junsaihamusi_4_080615145
蛹のアップも出しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

キアシナガバチの巣、2008年6月14日撮影

Kiasinagabati_1_00614157  今週のキアシナガバチの巣です。5月11日に撮影した写真と比べると房数も増えていますが、縦の長さもかなり伸びています。

Kiasinagabati_2_00614161  下から見ると早い個体はフタをして蛹室を作ったようです。フタの上には新しい卵が産みつけられています。このように蛹と卵が一つの房室を共有するとは知りませんでした。羽化した新成虫が脱出してくる時に卵から孵った幼虫を押し出してしまいそうで、気になりますが、そんなことにはならないのでしょうね。

 以前にも書いたように、この巣は低い位置にあるので、腰を下ろした時に顔の高さに来ます。今使っているカメラ(キャノンS2IS)は液晶モニタが可動式なので、それを調節し、腕を伸ばしてカメラを巣の真下に入れて、このような写真を撮っています。その時、顔と巣の距離は約40cmです。
 今は成虫が女王1匹なので大丈夫ですが、子供達が羽化し始めるとこんなことをする度胸はなくなると思います。あと何週間、真下からの写真を撮れるでしょうか?

このアシナガバチの巣についての過去の記事:5月11日5月18日5月24日5月31日6月7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

トゲアリ、2008年6月7日撮影

Togeari_1_080607055  近所の公園の洞のあるコナラです。

 洞の上の方にトゲアリが密集しています。

 以前にも紹介したことがありますが、ものすごい数のトゲアリが、密集していますが、何をしているのかわかりません。

Togeari_2_080607069 Togeari_3_080607065

 

Togeari_4_080607068

080607067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

シマクロハバチの産卵

Simakurohabati_1_0705270011  いつも行く公園のイボタノキの生垣を毎年食い尽くして丸裸にしてしまうハバチです。以前から気になっていたのですが、最近蜂類情報交換BBSでシマクロハバチと教えていただきました。
 これは、昨年の写真です。(2007年5月27日撮影)
Simakurohabatiyouchuu_2_0806010111   幼虫です。多分終齢だと思います。これが葉を食い尽くします。(2008年6月1日撮影)
 最初の写真は産卵中のメスです。昨年まで、産卵しているらしい場面を見ても、卵が見つからないので不思議に思っていました。昨年やっと卵を見つけることができました。
 Habatitamago0705270191
左は葉表に残された産卵痕です。そして、右が卵。葉裏の表皮下に生みつけられています。つまり、葉表から産卵管を差し込んで、葉裏の表皮と葉肉組織の間に産卵していました。器用なもんですね。(2007年5月27日撮影)


121  産卵の様子を葉裏から写した連続写真です。 左上から右下へ順番に並んでいます。(2007年5月27日撮影)





 産卵の動画をここにアップしました。
  個体数が多いので、産卵している個体もそれなりに見られますが、葉裏が写せる例は少ないので、なかなかいいのは撮れません。
 なんか、写真の配列がうまくいきません。悪しからず。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

ラクダムシ

Rakudamusi080607108  ラクダムシの成虫です。幼虫は見たことがありましたが、成虫は初めて見ました。イボタノキの葉の表や裏をうろうろと歩き回っていました。思ったよりも繊細な印象を与える虫でした。

2008年6月7日撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ハムシドロバチの1種?、2008年6月8日撮影

Hamusidorobati080608075  ドロノキハムシの成虫と幼虫が入り乱れて葉を食い荒らしているヤナギ類の生えた斜面の下を歩いていて、ドロバチが来ているのに気付きました。明らかにドロノキハムシの幼虫を狩りに来ているようだったので、少し粘って狩りの様子を観察することにしました。

 が、ハチはしょっちゅう飛んできますが、狩りの様子は一向に見ることができませんでした。結局、2時間近くかかって撮れたのはこれ1枚。甘くないですね。

 獲物はドロノキハムシの幼虫に間違いないと思います。ハチはよく分かりません。

6月24日追記:
覇蟆邇(はまに)人様からコメントを頂きました。このハチはオオハムシドロバチだそうです。詳細はコメントをご覧下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

ホソヒラタアブ、2008年6月8日撮影

Hosohirataabu080608085  ホソヒラタアブだと思います。交尾飛翔しているのを見つけました。

 多分、飛んでいる虫の中で最も撮りやすいのがこれだと思います。今使っているカメラはキャノンのパワーショット S2IS(アフェリエイトを張ろうかと思いましたが、もう売ってないですね。現行機種はS5ISですが、もうすぐ次機種が発表されるはずです。)ですが、決して早くないこのカメラのオートフォーカスで十分ピントが合います。 

Hosohirataabu080608080  

上の写真のような引いた絵よりも、このようなアップの写真の方がピント合わせが楽です。

 今日は風もなく、本当に安定したホバリングでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

バッタの1種、2008年5月31日撮影

<p>

 動画投稿の練習です。

 水たまりのそばを歩いていると小さなバッタが水中に逃げ込んで、水中を泳ぎました。水面ではなく水中です。恥ずかしながらバッタが水中を泳ぐのを初めて見ました。そもそも、バッタがあんなふうに水に沈むとは思ってもみませんでした。

 感心してバッタが水中を泳ぐのを見ていたので、写真は撮れませんでしたが、かろうじて撮れた動画がこれです。水中の石の上にいるバッタを見つけたので泳げ、泳げと念じながら撮影していましたが、バッタは1発のジャンプで地上に戻ってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オオコンボウヤセバチ、ハムシドロバチの1種、2008年6月7日撮影

Hamusidorobati080607160 ほとんど毎週、5月27日の記事で紹介した かやぶき屋根の休憩所を見に行っています。

 サイジョウハムシドロバチとクチビロハムシドロバチはまだいますが、前回紹介した時と比べると数はかなり減っています。 しかし、別のハムシドロバチの1種が少数ですが営巣していました。クチビロよりも更に大きく、狩って来る獲物はハムシの幼虫のようですが、種はよく分かりません。

Ookonnbouyasebati_01_080607168

 

また、オオコンボウヤセバチも数匹来ていました。

 この独特の姿は一目でこいつだと分かります。詳しくは知りませんがドロバチに寄生するのだと思います。

Ookonnbouyasebati080607164
 時おり産卵するかのような姿勢をとりましたが、実際には産卵していないようです。左の写真でも産卵管の先端は突き刺さらずに、曲がっているのが見えます。


6月24日追記:
覇蟆邇(はまに)人様からコメントを頂きました。
ドロバチはハラナガハムシドロバチの可能性が高いそうです。また、コンボウヤセバチはツツハナバチに寄生するのかもしれないとのことです。詳細はコメントはご覧下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

キアシナガバチの巣、2008年6月7日撮影

Kiasinagabati080607072 今週のキアシナガバチの巣です。

 幼虫は順調に成長しています。来週には繭を作り始めるかもしれません。先週の記事で書いた頭の白い幼虫はちゃんと黒くなっていました。やはり脱皮直後だったようです。

①5月11日撮影分
②5月18日撮影分
③5月24日撮影分
④5月31日撮影分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

キスジトラカミキリ、2008年6月5日撮影

Kisujitora080531196  キスジトラカミキリはハチに擬態しているといわれています。こうやって写真で見るとあんまりハチっぽくないのですが、実物を見ると一瞬ハチかと思ってしまいます。手に上ってきたりするとドキドキしてしまいます。

Kisujitora080531199

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

ニジゴミムシダマシ、2008年5月31日撮影

Nijigomimusidamasi080531108 よく行く公園にある木製の手すりに何故かこの虫が集まります。多分、ニジゴミムシダマシだと思います。密集することはありませんが、20m程度の手すりを見て歩けば確実に100匹はみつかります。

 この手の色はうまく撮れないことが多いのですが、この日は光線の条件が良かったのか、比較的いい感じに撮れました。私にしては上出来です。

Nijigomimusidamasi01_080531123  顔のアップ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

イソヒヨドリ、2008年6月1日撮影

Isohiyodori080601254  普段買い物に行く大型スーパーの立体駐車場でピーッ、ピーッと鳥のこえが響いていたので見渡してみると、写真の鳥が何かをくわえてウロウロしていました。虫撮りの帰りでカメラを持っていたので、とりあえず写真を撮って、帰宅後調べてみるとイソヒヨドリという鳥でした。

 本来、海岸の崖などで生活する鳥ですが、鳥から見れば崖もビルも同じ様なものなのでしょうか、こういう場所でもしばしば見られるようです。

Isohiyodori080601245  くわえているのはムカデのようです。

 ただ、ムカデをくわえたままどこへ行くでもなく鳴きながら飛び回っていましたが、何をしていたのかがよく分かりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

ミヤマオビオオキノコの産卵、2008年5月31日撮影

Miyamaobiookinokomusi080531068 ミヤマオビオオキノコと思います。

 幹の半分くらいが枯れてしまっているイヌツゲに、ざっと見たところ15、6匹のこの虫がうろうろしていました。交尾しているペアは見当たりませんでいたが、一部の個体は産卵していました。

 このイヌツゲは少なくとも3年前から枯れていて、アオマダラタマムシが産卵に来るので注目しています。もうそろそろ倒れるのではないかと気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

ヨツモンクロツツハムシ、2008年

Yotumonnkurotutuhamusi01_080531211 ヌルデにきれいなハムシがついていました。

 黒地に黄色い斑紋が鮮やかヨツモンクロツツハムシでした。

 ハムシのついている葉は先の方がしおれています。他にもしおれた葉があり、それもこいつの仕業ではないかと思われます。

Yotumonnkurotutuhamusi02_08053121_2

 図鑑(保育社、原色日本甲虫図鑑(4) )によるとこのハムシの食草はカシワ類とウワミズザクラと記載されていますが、ヌルデをしっかり食っているようです。

 私の同定は大抵あてになりませんが、これはさすがに間違っていないと思いますので、ヨツモンクロツツハムシはヌルデも食う、ということのようです。
 カシワとサクラとヌルデを食うなら、何でも食うのではないかという気もしてきますね。

Yotumonnkurotutuhamusi03_080531222  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

カメムシの卵、2008年6月1日撮影

Kamemusinotamago080531140  5月31日の記事の下の写真の孵化していない卵を見に行って見るとこんな感じになってました。孵化も近そうです。しかし、孵化間近な卵の中に眼点が見えることはよくありますが、この模様は違うみたいです。腹背の模様とも違うようだし、なんでしょうね。

Kamemusinotamago2_080531155  前回の写真でも今回の写真でも写ってますが、卵から小さな突起が出ています。それをアップにしてみました。突起が並んで円を作っています。ここで殻が割れて幼虫が孵化してきます。
 この構造には名前があったはずですが、忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

キアシナガバチの巣、2008年5月31日撮影

Kiasinagabati080531039 今週のキアシナガバチの巣です。幼虫達は順調に成長しているようです。1匹頭の白い奴がいますが、これは脱皮直後だったのでしょう。

①5月11日撮影分
②5月18日撮影分
③5月24日撮影分

追記:今気付いたのですが頭の白い奴は先週の写真でも白かったようです。何か別の理由があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »