« ラクダムシ | トップページ | トゲアリ、2008年6月7日撮影 »

2008年6月13日 (金)

シマクロハバチの産卵

Simakurohabati_1_0705270011  いつも行く公園のイボタノキの生垣を毎年食い尽くして丸裸にしてしまうハバチです。以前から気になっていたのですが、最近蜂類情報交換BBSでシマクロハバチと教えていただきました。
 これは、昨年の写真です。(2007年5月27日撮影)
Simakurohabatiyouchuu_2_0806010111   幼虫です。多分終齢だと思います。これが葉を食い尽くします。(2008年6月1日撮影)
 最初の写真は産卵中のメスです。昨年まで、産卵しているらしい場面を見ても、卵が見つからないので不思議に思っていました。昨年やっと卵を見つけることができました。
 Habatitamago0705270191
左は葉表に残された産卵痕です。そして、右が卵。葉裏の表皮下に生みつけられています。つまり、葉表から産卵管を差し込んで、葉裏の表皮と葉肉組織の間に産卵していました。器用なもんですね。(2007年5月27日撮影)


121  産卵の様子を葉裏から写した連続写真です。 左上から右下へ順番に並んでいます。(2007年5月27日撮影)





 産卵の動画をここにアップしました。
  個体数が多いので、産卵している個体もそれなりに見られますが、葉裏が写せる例は少ないので、なかなかいいのは撮れません。
 なんか、写真の配列がうまくいきません。悪しからず。
 

|

« ラクダムシ | トップページ | トゲアリ、2008年6月7日撮影 »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

産卵の様子、見事なものですねー。
さらにハンマー氏の技術にも脱帽です。
ハバチの産卵管をよく捉えたものです。

投稿: タロ | 2008年6月17日 (火) 00時37分

知っている人にとっては周知の事実だったのでしょうが、このように産卵することを発見して、嬉しかったので、色々と撮りました。

投稿: ハンマー | 2008年6月17日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/21589574

この記事へのトラックバック一覧です: シマクロハバチの産卵:

« ラクダムシ | トップページ | トゲアリ、2008年6月7日撮影 »