« ケブカアカツヤカスミカメ、2008年9月6日撮影 | トップページ | クロアナバチ、2008年8月15日撮影 »

2008年9月11日 (木)

ハチの1種?、2008年8月31日、9月6日撮影

Tamago080831084
 タイトルのカテゴリーが広い上に”?”付きですみません。
 写真のようなものは何度が見たことがあって、クサカゲロウ類の卵だろうと、ずっと思っていました。糸の部分が絡み合っていて、やや大きめですが、普通のクサカゲロウ類の卵と比べても違和感が無いような気がします。(8月31日撮影)

Hati080906079
 1枚目の写真と同じものの1週間後です。ハチが羽化していました。
 これが何かの卵で、それに寄生したハチが羽化したとも解釈できるのかもしれませんが、どうもこれは最初からこのハチの繭だったのではないかという気がしてきました。
 ごめんなさい。本当のことはよくわかりません。

|

« ケブカアカツヤカスミカメ、2008年9月6日撮影 | トップページ | クロアナバチ、2008年8月15日撮影 »

コメント

コンニチワ。
いつも感心しながら、みています。

ご存じとは思いますが、千葉大の脈翅目のページによると
ttp://www.h.chiba-u.jp/insect/neuro/neuroptera.html
オオクサカゲロウ類やフタモンクサカゲロウがこんな卵の束を作るみたいです。
なんだか、寄生蜂の♂が♀の羽化を待っている。
といった感じがします。

投稿: Acleris | 2008年9月13日 (土) 05時39分

Acleris さん、いつもありがとうございます。

ご紹介のページは知っていましたが、今回は見てませんでした。
フタモンクサカゲロウの卵は糸の撚れ具合といい、ちょっと緑がかった卵の色合いといい、良く似ているように思います。オスがメスの羽化を待っているというのも適切な解釈のように思えます。

このところ、疲労のせいか、年齢のせいか、最もありそうなのは単に私の無精のせいですが、ほとんど調べることもなく、見たまま、思いついたままを垂れ流す状態が続いています。

見るに見かねてのアドバイスかと思いますが、ありがたいことです。今後も気付いたことがありましたら、アドバイスをよろしくお願いします。

投稿: ハンマー | 2008年9月13日 (土) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハチの1種?、2008年8月31日、9月6日撮影:

« ケブカアカツヤカスミカメ、2008年9月6日撮影 | トップページ | クロアナバチ、2008年8月15日撮影 »