« カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 | トップページ | ハチの1種、2008年12月29日撮影 »

2008年12月30日 (火)

アブラムシの1種、2008年12月23、28日撮影

081223037
 ゴマダラオトシブミがいたウバメガシで、オトシブミがこの木のどこかにまだ居るかもしれないと、探しまわっていて見つけたアブラムシです。種はわかりませんでした。
 この寒い中、まだ産卵しているんだなと感心しました。卵の色が、産卵直後はクリーム色でやがて黒くなるのは、キスゲフクレアブラムシ(ゴンズイフクレアブラムシ)やクリオオアブラムシで見たことがあります。角状管からなにやら分泌しているようで、刺激してしまったかなと、思っていました。(2008年12月23日)

081228028
 これは12月28日に撮影した写真です。卵の状態、母虫の姿勢、角状管から出た分泌物、どれも上の写真のままです。どうやら、23日の時点で死んでいたようです。
 死亡直前に産み付けられた卵が黒くなってないということは、これらの卵はちゃんと発生できないのかもしれません。または、気温が低いのでそういった変化に時間がかかるのか?

ここも、たまにのぞいてみようとおもいます。

|

« カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 | トップページ | ハチの1種、2008年12月29日撮影 »

半翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/26629587

この記事へのトラックバック一覧です: アブラムシの1種、2008年12月23、28日撮影:

« カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 | トップページ | ハチの1種、2008年12月29日撮影 »