« ゴマダラオトシブミ失踪、カタビロトゲハムシ、2008年12月20日撮影 | トップページ | カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 »

2008年12月23日 (火)

ヒゲナガサシガメの幼虫、2008年12月13、20日撮影

Asinagasasigame_1_081213002
 ヒゲナガサシガメの幼虫です。冬季に常緑広葉樹の葉裏をのぞいて歩いていると、この虫が目に付きます。色合いといい、大きさといい、この季節にはありがたい存在です。樹種にはこだわりが無いようで、常緑広葉樹なら何でもいいようですし、シダ類やユリ科、ラン科のなどの草本の葉裏にいることも少なくありません。

 個体数は割りと多くて、2,3時間歩くと少なくとも5匹は見かけます。この幼虫の数から考えて、夏場には成虫もかなりいるはずですが、成虫は見ずに終わる年もあります。生息場所が変わるのかもしれません。

Asinagasasigame_2_081220002
 最初の写真よりも齢の進んだ個体です。これくらいのものの方が多いように思います。以前に観察した経験では、真冬でも結構移動するようでした。

Asinagasasigame_3_081220002
 おまけの顔のアップです。

Asinagasasigame_4_081220002
 脚先には爪が生えていて、葉に突き刺さっています。こうして葉裏にへばりついているんですね。

|

« ゴマダラオトシブミ失踪、カタビロトゲハムシ、2008年12月20日撮影 | トップページ | カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 »

半翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
 爪を挿して、静止。風にも負けませんね。
 それにしても、ナナフシにそっくりですね。
 頭部をしっかり見なければ、「新種発見!」ナンテ、早合点しそうです。

投稿: 蘭丸 | 2008年12月24日 (水) 06時49分

確かにカメムシっぽくないカメムシですよね。
頭部のアップはもっと口器がはっきり見える写真にした方が良かったかもしれません。

投稿: ハンマー | 2008年12月24日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/26435075

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゲナガサシガメの幼虫、2008年12月13、20日撮影:

« ゴマダラオトシブミ失踪、カタビロトゲハムシ、2008年12月20日撮影 | トップページ | カレハガの幼虫、2008年12月20日撮影 »