« カモドキサシガメ2種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | ゾウムシの1種、2009年1月25日撮影 »

2009年1月25日 (日)

アミメクサカゲロウ、2009年1月24日撮影

Img_3269
 いきなり、「何じゃこれは?」な写真で、すみません。
 これは私が使っているキャノンS5ISにアダプタを介して、クローズアップレンズNo.3とNo.5、更にレイノックスのマクロレンズDCR-250を重ねて付けた上に、愛用の接写用プアマンズストロボを取り付けた状態です。過去にいろんな形のものを作りましたが、ここ数年はこのタイプに落ち着いています。
 見た目が非常に貧乏臭いので、私がこんなのを持って公園をうろついていることを家族は大変嫌がりますが、それなりに役に立っているのでやめられません。
 これは、レンズ前10cm以内の接写や前回のエントリーの最初の写真のような、狭い隙間の中を撮るときには重宝しています。もう少し離れて撮るときは普通のディフューザーを使っています。

Amimekagerou_1_090124044
 サカキの葉裏で越冬していたアミメクサカゲロウです。

Amimekagerou_2_090124028
 本体のズームをテレ端にして、最初の写真のようにクローズアップレンズを3段重ねにすると、レンズ前約5cmでピントが合います。そうして撮った写真がこんな感じです。トリミングせずにリサイズしました。

Amimekagerou_3_090124028
 上の写真をピクセル等倍に トリミングするとこんな風になります。
 こんな写真、撮る必要も意義もまったくありませんが、一種の病気なのでしかたありません。被写体の少ない冬になると、こんなことをして遊んでいるというお話でした。

|

« カモドキサシガメ2種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | ゾウムシの1種、2009年1月25日撮影 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

脈翅目」カテゴリの記事

コメント

今日の超クローズアップ写真には感動です。
擬瞳孔も拡大するとこの様な見え方をしているのですねえ。
ハンマーさんの質の高い写真に憧れているものですから、自分も少しでも良い写真が撮りたいものと、ハンマーさんがキャノンS5ISに機種を替えられた時、私も真似て即S5ISを買ってしまいました。
今までのよりフォーカスも早く、またフォーカスエリアを移動できるので良かったです。
クローズアップレンズは№5しかありませんので、テレ端でも内臓ストロボで済んでいます。しかしクローズアップレンズを増やして15㎝以内に寄るようになったらあの高価なリングストロボ(てっきりハンマーさんが使っていらっしゃると思い込んでいましたので)買わなきゃと思っていましたが、今日の記事でまたまた感動してしまいました。 自作プアマンズストロボを使っていらっしゃるとは思いもよりませんでした。 これで(失礼)あの見事なマクロ写真が撮れるのですねぇ!
早速ですがこの形を真似て製作に挑戦してみたいのですが宜しいでしょうか?
ただどうしたらこのように超アップの被写体が全くブレずに撮影出来るのでしょうか? 自信がありません。秘訣がありましたらどうか教えて下さい。よろしくお願いします。


投稿: 歩兵くん | 2009年1月26日 (月) 01時50分

ハンマーsan、こんばんは。
凄いセットで撮影されていたのですね。いつも、小さい蟲を「ドウヤッテ撮るんだろう」と思っていました。
私は、1眼レフの標準ズームレンズの前玉を外して、使用しています。
後は、光の廻し方だなぁ。。。と、何時も撮影後に思うのですが、其の時だけの様です。。。

投稿: 蘭丸 | 2009年1月26日 (月) 19時24分

歩兵くん さん
 プアマンズはぜひ作ってみてください。写真の物は、内蔵ストロボに取り付ける部分にはたまたま見つけたプラスチック製の筒を使っていますが、ほかの部分は牛乳パックにアルミテープを貼ったもので作っています。材料費はただ同然ですので、色々作って試してみるのも楽しいものです。
 撮り方ですが、レンズ前10cm以内かつ、少々のことでは逃げない虫限定という条件付きですが、以下のようにしています。液晶ディスプレイではなくファインダーをを使用し、フォーカスはマニュアル二セットし、最短に固定しておき、カメラを前後に微妙に動かしてフォーカスを合わせます。虫がいる葉や枝の一部を左手の親指以外の2本の指、例えば人差し指と中指でつまみ、親指をレンズの下にあてがって支えます。このような状態で撮っています。文章では伝えにくいですね。わかっていただけましたでしょうか?

蘭丸さん
私の場合、カメラにお金をかけられないので、こんなことになってしまいました。
いずれは一眼レフも、とは思いますが、いつになることやら。
むしろ、カシオのカメラが気になっている今日この頃です。

投稿: ハンマー | 2009年1月26日 (月) 22時11分

プアマンズストロボは光線出口の反射板の角度とか、レンズ周りの拡散反射板の角度とか、見た目より大変そうですが色々試行錯誤してみたいと思います。
撮り方は丁寧なご教示でよく理解できました。基本的にはレンズと被写体が一緒に動くわけですからブレ難いわけですね。 しかし理解出来ても実際の技術は又別物と思いますので、修練を重ねて上手になりたいです。
クローズアップレンズの充実とプアマンズの製作そしてそれを使った撮影。おかげさまでシーズンに向けて大きな目標が出来ました。
ありがとうございました。

投稿: 歩兵くん | 2009年1月28日 (水) 03時28分

歩兵くん さん
私の場合は定規もろくすっぽ使わずに適当に切って、適当にテープで貼り付けるといういい加減なやり方で作っているので、細かいことは書けません。しかし、適当に作ってもそれなりに効果のあるものができるので、気楽にやってみることをお勧めします。

投稿: ハンマー | 2009年1月28日 (水) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/27442533

この記事へのトラックバック一覧です: アミメクサカゲロウ、2009年1月24日撮影:

« カモドキサシガメ2種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | ゾウムシの1種、2009年1月25日撮影 »