« ガの1種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | アミメクサカゲロウ、2009年1月24日撮影 »

2009年1月14日 (水)

カモドキサシガメ2種の幼虫、2009年1月12日撮影

Kamodoki_1_090112004
 以前に何度も紹介しているカモドキサシガメの1種の幼虫で、Empicoris egregius Ishikawa, 2008 と思われます。和名はまだ無いと思います。場所はコナラの樹皮の割れ目でここには毎年冬になると、この幼虫が集まってきます。一昨年、昨年とこの割れ目にはクヌギカメムシ類が産卵し、同時にこの幼虫も集まっていたのでカメムシの卵とカモドキサシガメの幼虫の関係も気になっていましたが、今シーズンは写真のようにクヌギサシガメが産卵しなかったにもかかわらず、幼虫達が集合してきました。どうやら、卵と幼虫には特別な関係はないようです。

Kamodoki_2_090112016
 アップです。体長は約3mm。成虫はこんな虫です。

Kamodoki_3_090111049
 これはエノキの幹で見つけたカモドキサシガメの1種の幼虫で、Empicoris spectabilis Ishikawa, 2008だと思います。上のE. egregius の幼虫より少し大きく約5mmあります。この幼虫は、このエノキの樹皮で数匹見つけていますが、常に単独で群れているのを見たことがありません。習性も少し違っているようです。

Kamodoki_4_090104016
 アップです。非常に撮りにくい場所で上手く撮れませんでした。成虫はこんな感じです。

 どちらも興味深い虫で、ありがたいことに移動性が低いので、一度見つけるとほとんど常にその木でみつけることができます。捕食、交尾、産卵等が見たくて、年中見に行っていますが、まだそのような光景には出会えていません。

|

« ガの1種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | アミメクサカゲロウ、2009年1月24日撮影 »

半翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/27140947

この記事へのトラックバック一覧です: カモドキサシガメ2種の幼虫、2009年1月12日撮影:

« ガの1種の幼虫、2009年1月12日撮影 | トップページ | アミメクサカゲロウ、2009年1月24日撮影 »