« コマダラウスバカゲロウの幼虫とツリアブの1種の卵を覆うもの | トップページ | アラカシのうどん粉病?、2009年2月22日撮影 »

2009年2月22日 (日)

フユシャクの1種のメス、2009年2月21日撮影

Fuyushaku_1_090221046
 コナラの幹にとまっていました。フユシャクの1種のメスだと思います。私には種は分かりません。分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
 どうも、蛾は苦手で、フユシャクもたくさんいるはずなのですが、今シーズン、フユシャクのメスを見るのはこれが初めてです。私的には珍しい虫です。
 これが蛾だということにも驚きますが、小さいことにもいつもびっくりします。蛾というのは翅をとったら小さいのですね。

Fuyushaku_2_090221031
 背中から

Fuyushaku_3_090221018
 正面から。

Fuyushaku_4_090221048  
 少し大きくしてみると、体をおおっているのが毛ではなく鱗粉状のものだというのがよく分かります。体にはえていても鱗粉と呼んでもいいのかな?

Toritori090221086
 私の通っている公園には大きな池があって、毎年冬にはカモ類などがたくさん飛来します。例年、鳥撮りの人たちもやって来ますが、今年は特に多く、どうも珍しい鳥が来ているからのようです。
 しかし、鳥撮りというのは結構メジャーな趣味だと感心してしまいます。私はこの5年間、ほとんど全ての休日にこの公園に来ていますが、虫採りの人はそれなりに見るものの、虫撮りの人とは一度出会っただけです。
 また、彼らの持っている道具にも圧倒されてしまいます。鳥撮りの人たちがカメラ業界を支えている部分も少なくないことが実感されます。私の持っている道具といえば先日の記事のように、総額5万円に満たないわけですから、彼らの持っているレンズはもちろん、三脚でもそれより高価なものがありそうです。カメラ業界への影響力が全然違います。私が欲しいと思うようなカメラが世に出ない理由がよく分かりました。

|

« コマダラウスバカゲロウの幼虫とツリアブの1種の卵を覆うもの | トップページ | アラカシのうどん粉病?、2009年2月22日撮影 »

昆虫」カテゴリの記事

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/28286779

この記事へのトラックバック一覧です: フユシャクの1種のメス、2009年2月21日撮影:

« コマダラウスバカゲロウの幼虫とツリアブの1種の卵を覆うもの | トップページ | アラカシのうどん粉病?、2009年2月22日撮影 »