« ムラサキシジミ、2009年2月11日撮影 | トップページ | ウラギンシジミ、2009年2月14日撮影 »

2009年2月14日 (土)

不明の卵、2009年2月11日撮影

Tamago_1_090211115
 2週間ほど前から、アラカシの冬芽に生みつけられた卵が目に付きます。数も多いし、白が目立つので、今まで見落としていたとは思えません。最近になって産卵されたもののようです。蛾だろうとおもいますが、種は私には分かりません。

Tamago_2_090211139
 球形ではなく、大福餅のような形です。

 昨日はすごい嵐でした。今は風はおさまっていますが、天気はイマイチ。でかけるかどうか、ちょっと迷っているところです。

|

« ムラサキシジミ、2009年2月11日撮影 | トップページ | ウラギンシジミ、2009年2月14日撮影 »

昆虫」カテゴリの記事

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
アラカシの新芽でこの形状の越冬卵でしたら
ミドリシジミの仲間のどれかが当てはまると思います。
この種類は食樹と卵の形状でほぼ同定が可能なので
ミドリシジミ 卵 で画像検索なさると正体が割れると思います。

投稿: KIM | 2009年3月 1日 (日) 19時37分

KIMさん
始めまして、ありがとうございます。
ミドリシジミの卵について少し検索して見ました。
たとえば、海野和夫さんのサイト↓などです。
http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/search/result.html?MT=%CD%F1%A1%A1%A5%DF%A5%C9%A5%EA%A5%B7%A5%B8%A5%DF&FR=0

残念ながら、ぴったりくるものはみつかりませんでした。
どうも、ゼフィルスの卵は、表面の形がもう少し複雑なものが多いようです。
また、この卵はかなりたくさん見つかりますが、
この場所はミドリシジミ類がたくさんいるような環境ではありません。
以前に一度ミズイロオナガシジミを見たのが唯一の観察です。
ミドリシジミ類の卵ではないような気がします。

投稿: ハンマー | 2009年3月 1日 (日) 22時46分

コンニチワ。
卵を観察した種類は少ないのですが、このハシゴ状?の模様はヨトウガやスモモキリガの卵で見たことがあります。
なので時期からすると、キリガ類の卵である可能性が高いと思います。

実はこの記事に触発されて、私のフィールドのアラカシを見て回りました。
結果似た卵を1個だけ見つけましたが、ほとんどは、ふ化後のムラサキシジミの卵殻(トゲトゲなのですぐ判ります)でした。

投稿: Acleris | 2009年3月 3日 (火) 05時27分

Acleris さん、どうもありがとうございます。

実はこの時の卵は、次の週には見られなくなっていました。
この寒い時期に孵化するということがあるのでしょうか?
鳥にでも食われたのかもしれません。

この土日にはまた同じような卵が目に付いたので、アップしておきます。
今度は色の違うものも見つかりました。

投稿: ハンマー | 2009年3月 3日 (火) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/28067442

この記事へのトラックバック一覧です: 不明の卵、2009年2月11日撮影:

« ムラサキシジミ、2009年2月11日撮影 | トップページ | ウラギンシジミ、2009年2月14日撮影 »