« カメノコテントウの蛹 | トップページ | ワモントゲトゲゾウムシ »

2009年5月30日 (土)

セダカバエ科の1種の交尾

Odoribae_1_090523149
  オドリバエの1種と思われるペアが交尾していました。
 オドリバエには、オスがメスに餌をプレゼントして、メスがそれを食べている間に交尾する、いわゆる求愛給餌という習性を持つ種がいますが、これは求愛給餌をしない種のようです。
  求愛給餌をする種の場合はオスがメスを抱えて枝などからぶら下がって交尾しますが、この種の場合はメスが葉につかまってぶら下がっていました。

 追記:一寸のハエにも五分の大和魂で活発にコメントをしていらっしゃる三枝豊平さんから、この写真のハエは狭義のセダカバエ科のHybos属の未記載種であることをメールで教えていただきました。

(2009年5月23日、兵庫県加東市)

Odoribae_2_090523150
 下から。オスは羽を閉じ、メスは広げている姿が、ちょっと綺麗です。

|

« カメノコテントウの蛹 | トップページ | ワモントゲトゲゾウムシ »

双翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/29860695

この記事へのトラックバック一覧です: セダカバエ科の1種の交尾:

« カメノコテントウの蛹 | トップページ | ワモントゲトゲゾウムシ »