« トサカグンバイ、2009年4月29日撮影 | トップページ | カタアカスギナハバチ、2009年5月2日撮影 »

2009年5月 2日 (土)

ヒラタアブの1種?、2009年5月2日撮影

Hirataabu090502176
 ホバリング中のヒラタアブ類は、飛んでいる虫としては最も撮りやすい被写体だと思います。水平方向からの写真はこのブログにも何度かだしました
 真下から撮ったらどんな感じかな、というのは以前から考えていましたが、写真のアブは非常に安定したホバリングをしていたのでやって見ました。案外難しくて、相当な数の写真を撮って、ようやく数枚のまあまあの写真を得ることが出来ました。
 下からの写真に熱中して、同定の助けになるような写真を撮り忘れてしまいました。アホですね。

|

« トサカグンバイ、2009年4月29日撮影 | トップページ | カタアカスギナハバチ、2009年5月2日撮影 »

双翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ヒラタアブのホバリングを真下から・・・こんな離れ業をやってしまわれる人は嘗て知りません。つくづく世の中広いと思いました^^; 
ファインダー越しでは無理でしょうね? 可動モニターで狙われたのですか? 私はモニターで撮るのが苦手です。
私もアブのホバリングは面白いので撮ったことありますが(勿論横方向からです)キタヒメヒラタアブは後肢を真直ぐ伸ばしていましたし、シマアシブトハナアブの後肢はぴたりと折りたたまれていました。
この写真のアブの肢はその中間姿勢ですね。

投稿: 歩兵くん | 2009年5月 2日 (土) 23時37分

歩兵くん さん
おっしゃるように、モニターを使いました。
私も普段はファインダーを使いますが、この場合は仕方ないですね。
こういう写真は、ウデよりもアブのホバリングがどれくらい安定しているか、に依存する部分が大きいように思います。
それと、この写真を撮っている時の自分の姿が、他の人の目にどう見えるか、を考えないことでしょうか。

投稿: ハンマー | 2009年5月 3日 (日) 07時23分

それと、この写真で気づいたことなのですが、翅が前後逆に見えます。
ねじってはばたいているのでしょうが、もしかしてこれがホバリングのテクニックなのですか?
真下からのアングルならではの見どころ、素晴らしい写真ですね。(芸術です^^)

投稿: | 2009年5月 3日 (日) 10時38分

歩兵くん さん、ですよね。
ホバリングの時は、前にあおるような翅の動きが入るのでしょうか?
私にはよく分かりません。

ご存知のように、S5ISではストロボを使用すると、シャッタースピードが1/500秒以下にはなりません。1/500では翅の動きは全く止まりませんが、ストロボ発光の瞬間だけは翅の形が写ります。この写真では翅を前にあおった瞬間に発光したようです。

投稿: ハンマー | 2009年5月 3日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/29399940

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラタアブの1種?、2009年5月2日撮影:

« トサカグンバイ、2009年4月29日撮影 | トップページ | カタアカスギナハバチ、2009年5月2日撮影 »