« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

クビオレアリタケ

Kubiorearitake_1_090531190
 コバノミツバツツジの枝についているのをみつけました。2009年3月28日の記事ignatiusさんからクビオレアリタケの幼菌だろうというコメントを頂いたものと同じ冬虫夏草だと思います。
 前回の記事で紹介したものについてはignatiusさんからの「継続観察して完熟状態のものをアップしていただけると嬉しいです。」というコメントにもかかわらず、4月半ばに行方不明になってしまいました。この件を報告することをすっかり忘れていました。
 今回のものは、残念ながら左右に伸びる枝は失われていましたが、頭の後ろから出る枝は無事で、以前に見つけたものと比べるとやや太く、質感もややホワホワしているように見えます。
 ignatiusさんのコメントによると、完熟すると赤紫になるとのことですが、これは完熟前の状態なのか、それとも完熟後、胞子が飛んでしまった状態なのでしょうか?
(2009年5月31日、兵庫県三田市)

Kubiorearitake_2_090531162
 アップにしても、私にはよく分かりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワモントゲトゲゾウムシ

Wamontogetogezoumusi_1_090530039
 アキグミの小枝を齧っているゾウムシをみつけました。帰宅後、図鑑を見てみると珍しく絵合わせで簡単に名前が分かりました。ワモントゲトゲゾウムシ Colodobes ornatus Roelofs 。
 そんなにトゲトゲという印象ではありませんが、属の代表種はトゲトゲなのかもしれません。原色日本甲虫図鑑(4) (保育社)には「少ない」と記載されています。実際に少ないのかどうかは分かりませんが、ネット上に生態写真はあまり無いようなので、貼っておきます。(2009年5月30日、兵庫県三田市)

Wamontogetogezoumusi_2_090530042
 ちょっと角度を変えて。(2009年5月30日、兵庫県三田市)

Wamontogetogezoumusi_3_090530046
 背中から。
 お尻近くの白い紋の上の黒い紋は背番号に見えませんか? 「52」?
 (2009年5月30日、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

セダカバエ科の1種の交尾

Odoribae_1_090523149
  オドリバエの1種と思われるペアが交尾していました。
 オドリバエには、オスがメスに餌をプレゼントして、メスがそれを食べている間に交尾する、いわゆる求愛給餌という習性を持つ種がいますが、これは求愛給餌をしない種のようです。
  求愛給餌をする種の場合はオスがメスを抱えて枝などからぶら下がって交尾しますが、この種の場合はメスが葉につかまってぶら下がっていました。

 追記:一寸のハエにも五分の大和魂で活発にコメントをしていらっしゃる三枝豊平さんから、この写真のハエは狭義のセダカバエ科のHybos属の未記載種であることをメールで教えていただきました。

(2009年5月23日、兵庫県加東市)

Odoribae_2_090523150
 下から。オスは羽を閉じ、メスは広げている姿が、ちょっと綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

カメノコテントウの蛹

Kamenokotenntou_1_090524205
 5月19日の記事でヤナギハムシの蛹が鈴なりになっているのを紹介したヤナギ類の木で、今度は一足遅れてカメノコテントウの蛹化がピークを迎えていました。 
 左は蛹化直後、右は少し時間がたった蛹です。(2009年5月24日、兵庫県三田市)

Kamenokotenntou_2_090524206
 カメノコテントウの幼虫はまだ残っていて、周りにヤナギハムシの蛹もたくさんあるのに、よりによって、身内を餌に選ばなくても・・・と思うのですが、写真のような光景もいくつか見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

カギバガ科の1種の幼虫?

Kagiba_1_090524147
 コナラの葉にいた幼虫です。雰囲気はカギバガ科と思いますが、実際のところは不明です。何故これを出したかというと、みつけた時、頭を細かく上下に動かして、かすかにパタパタと音を立てたからです。

Kagiba_2_090524148
 これは動画を撮らなければと、準備して撮ろうとするとこの写真のような、お得意の二つ折りのポーズをとって動かなくなってしまいました。
 このことを次の機会まで覚えておけるように自分用のメモとして書きました。幼虫が頭を動かして音を出したのは錯覚ではないと思うのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

アカガネサルはムシ、ジンガサハムシ

 きれい系の2種のハムシの交尾を見かけました。

Akagane_1_090524059
 小さなマンサクの株に10ペアほどのアカガネサルハムシが集まっていました。ブドウの害虫とばかり思っていて、このハムシがこんなにマンサク好きとは知りませんでした。(2009年5月24日、兵庫県三田市)

Jingasa_1_090523097
 ヒルガオの葉裏にはジンガサハムシのペアが交尾していました。実物の美しさがさっぱり撮れません。。(2009年5月24日、兵庫県加東市)

Jinngasa_2_090509020
 ジンガサハムシの卵もたくさんみつかりましたので、貼っておきます。卵自体の長径が2mm弱です。膜状のものに覆われています。産卵の様子を見てみたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

カキクダアザミウマ?

Kaki090523109
 カキの葉が両側からカールして、1種の虫こぶらしきものが形成されていたので、中をのぞいて見ました。(2009年5月23日、兵庫県加東市)

Kakikudaazamiuma_1_090523117
 中には3mmくらいのアザミウマがいました。アザミウマが作った虫こぶなのか、他の虫が作った虫こぶにアザミウマが入り込んでいるのか、どちらだろうと考えていましたが、カキクダアザミウマ(Ponticulothrips diospyrosi)というのが柿の葉に上の写真のような虫こぶを作るということを記載したwebサイトが見つかりました。
 小さい上に動き回るので撮りにくい虫です。(2009年5月23日、兵庫県加東市)

Kakikudaazamiuna_2_090523132
 ようやく、じっとしてくれたところを撮りましたが、ストロボが強すぎたのか、金属製のような質感になってしまいました。実際には真っ黒です。
 翅に毛が生えているのはよく分かるとおもいます。脚のふ節の形が妙に単純でちょっと可愛いと感じるのは私だけでしょうか?(2009年5月23日、兵庫県加東市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

タンポポハマダラミバエ?

Tannpopohamadaramibae_1_090510061
 ナワシログミの葉の上で5mm程のハエが踊りを踊っていました。翅の模様がきれいなので撮ってみました。タンポポハマダラミバエというのは、単に図鑑(原色日本昆虫図鑑(下)全改訂新版 )との絵合わせで出て来た名前ですので、違っているかもしれません。(2009年5月10日、兵庫県三田市)

Tannpopohamadaramibae_2_090510058
 踊っているっぽい写真も1枚出しておきます。
 ミバエの仲間らしい、翅に模様のあるハエが踊っているのはよく見ますが、あれはやはり、生殖に関連した行動なんでしょうね。 ちょっとしらべてみましたが、よく分かりませんでした。(2009年5月10日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネジキのカイガラムシと寄生蜂

090307043
 少し以前の写真になります。
 毎年春になると葉裏にカイガラムシがたくさん付くネジキがあって、これは葉が出る前のその木の枝です。カイガラムシの幼虫がみられます。ネジキはたくさんありますが、この木ほどカイガラムシがたくさん付いているものは、他にはみあたりません。よほどカイガラムシに気に入られているようです。(2009年3月7日、兵庫県三田市)

090208060
 アップです。ピンボケですみません。(2009年2月8日、兵庫県三田市)

090419083
 葉が展開し始めるとカイガラムシは葉裏に移動して、綿をふき始めます。その頃この寄生蜂がやってきます。2mm程度の小さなハチで、コバチの類だろうという以上のことは私にはわかりません。結構な個体数がいて、カイガラムシの繁殖の抑制に一役買っていようです。(2009年4月19日、兵庫県三田市)
 ここには、これとは別のハチも来ているようですが、写真は撮れていません。

090419003
 産卵管が刺さって痛そうです。(2009年4月19日、兵庫県三田市)

 もう少し良い感じに撮りたいので、また来年頑張ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

ナラルリオトシブミ

Kasiruriotosibumi090517031
 コナラの葉を懸命に巻いていたナラルリオトシブミです。5mm足らずの小さな虫ですが、金属光沢がきれいで、葉を巻く様子は健気です。
 ナラルリというのは、コナラの葉を巻いていたからというのが唯一の根拠です。ルリオトシブミというのもコナラを巻くそうですので、それかもしれません。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

カスミカメムシの1種

Asiakakurokasumikame090517006
 モチツツジの花の中にいたアシアカクロカスミカメカスミカメムシ科の1種です。私のブログは色彩に乏しいので、ピンクの写真を選んでみました。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

Asiakakurokasumikame_2_090517015
 複眼のアップです。個眼の六角形がきれいにそろっていました。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

5月20日追記:当初、アシアカカスミカメとしてアップしましたが、アップ後自信がなくなったのでカスミカメムシ科の1種と変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤナギハムシの蛹、カメノコテントウの幼虫

Yanagihamusino090517083
 5月の始めにヤナギハムシの交尾や卵と幼虫の写真を撮ったヤナギ類(多分マルバヤナギ)ではヤナギハムシの幼虫の大部分が蛹化して、蛹が鈴なりになっていました。前回の記事で書いたように、この日は風が強くて、この写真もぶれています。
(2009年5月17日、兵庫県三田市)

Yanagihamsui_2_090517087
 ヤナギハムシの蛹のアップです。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

Kamenokotenntou090517071
 多分終齢の大きなカメノコテントウの幼虫がヤナギハムシの蛹を食っていました。蛹ようりも幼虫を好むような印象がありますが、蛹も食います。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

シマクサアブ

Simakusaabu_1_090517065
 体長20mm程度のきれいなアブが、コナラの葉にとまっていました。
 前胸背の黄色い縞模様が実に印象的でした。更によく見ると小楯板の後縁にトゲがあってカッコいい。帰宅後図鑑などを調べて、クサアブ科のシマクサアブ Odontosabula gloriosa と分かりました。クサアブ科の虫は初めて見たと思います。(2009年5月17日、兵庫県三田市)

Simakusaabu_2_090517068
 上半身のアップ。ピントが甘くてすみません。今日はやたらと風が強くて、こんな写真1枚撮るのにも苦労してしまいました。 (2009年5月17日、兵庫県三田市)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

ナミテントウの交尾

090506047
 ナミテントウはたくさんいますし、その交尾のシーンもたびたび見かけますが、テントウムシの体長の雌雄差というか、個体差というか、こんなに差があったのかなと、気になったので撮ってみました。
  背中の模様が多様なのは普通に知っていましたが、こうやって見ると前胸や頭の斑紋も色々あるんですね。(2009年5月6日撮影、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

イボタガの卵と幼虫

Ibotaga_1_090510013
 4月20日の記事で「イボタガの幼虫?」として紹介した卵を時々のぞいていましたが、5月10日には見に行ったところ1個の卵が孵っていました。他の卵も今にも孵化しそうで、来週末までには孵ってしまっていると思います。孵化の場面も見たい気がしますが、無理のようです。(2009年5月10日、兵庫県三田市)Ibotaga_2_090510025
 卵のすぐそばにいた幼虫です。体長は約5mm。こんなに若いイボタガの幼虫を見たのは初めてです。 (2009年5月10日、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

コシボソアナバチ?

Kosibosodorobati090509079
 5月7日の記事で 加東市の公園に「大小の少なくとも2種のドロバチが営巣していました。」と書きましたが、5月9日に行った際にはクチビロハムシドロバチらしきものだけで小さい方の種が見られませんでした。何か勘違いがあったのかもしれません。
 その代わり、写真のハチが営巣しているのに気付きました。コシボソアナバチの1種でしょうか?よく分かりません。体長は5mm程度で、アブラムシを狩ってきます。小さい上に動きが止まらないので、うまく撮れませんでした。右の写真はブレブレですが、狩ってきたのがアブラムシだということが一番分かりやすいのがこの写真だったのです。妙な白い線が入っていますが、ブレによって生じたもので、実際にははっきりとした縞模様はありません。チャンスがあればもう少しましな写真を撮りたいと思っています。(兵庫県加東市、2009年5月9日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

ツツハムシの1種

Tutuhamusi090506095
 タンポポの綿毛の中にとまっていたツツハムシの1種です。ハムシはよほど特徴がある種以外はさっぱり分かりません。
 たまには、こんな感じの写真も悪くないかな。(兵庫県三田市、2009年5月6日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

スズメバチ、2009年5月5日撮影

Oosuzumebati_1_090505121_2
 ヤナギの木にスズメバチが来ていました。今の時期ですから女王だと思います。
 下は多分オオスズメバチ。でかいです。上はよく分かりませんが、コガタスズメバイでしょうか?こちらも女王だと思いますが、大きさの差は歴然としています。

Oosuzumebati_2_090505124
 アップです。とにかく大きい。腰が引けてしまいました。ハエの度胸を見習わなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

サラサリンガの幼虫、2009年5月1日撮影

Rinnga_1_090501325
 1月12日の記事で 葉っぱを利用して作った袋の中で越冬している様子を紹介したサラサリンガの幼虫ですが、まだ袋の中に入っていました。
 袋はやや大きくなっていて、以前よりもずっしりと重いように思えました。

Rinnga_2_090501330
 袋の一部を破ってみると、中には以前よりも大きくなった幼虫がぎっしりと詰まっていました。写真の右の方に以前の大きさの個体が1匹だけ残っていたのが写っています。大きさの差は歴然としていると思います。
 袋の上には脱皮殻らしきものがたくさん残されています。 ということは、いったん袋から出てきて、近くで葉っぱを食べた後、袋に戻ってきて脱皮して、再び袋の中に戻ったということでしょうか?
 袋の中はよほど居心地が良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

ハムシドロバチ、2009年5月5日撮影

Hamusidorobati_1_090501112
 私が普段歩く公園のかやぶきの東屋にはハムシドロバチが集まってきています。集まっているのはサイジョウハムシドロバチとクチビロハムシドロバチで、詳細は昨年5月27日の記事とコメントを参照してください。(2009年5月1日撮影)

Hamusidorobati_2_090503061
 写真はサイジョウハムシドロバチから横取りした獲物です。昨年の写真と比べると明らかに違っています。昨年の獲物は茶色い頭部と白い腹部がはっきりと分かれています。一方、写真の今年の獲物は頭部が腹部にめり込んでいます。
 昨年の記事に頂いた覇蟆邇(はまに)人さんからのコメントを参照すると、昨年の獲物はツツジトゲムネサルゾウムシ又はその近縁種の幼虫で、今年の獲物はノミゾウムシ類の幼虫ということになりそうです。もっとも、サイジョウハムシドロバチの狩猟はもうしばらく続きますので、今後獲物が変化することもあるかもしれません。(2009年5月3日撮影)

Hamusidorobati_2_090505108
 この写真はいつもの公園ではなく、兵庫県加東市のある公園で撮影しました。樹皮がついたままの丸太で作られた小屋の、何者かの脱出孔に大小の少なくとも2種のドロバチが営巣していました。ハチの数は少ないのですが、かやぶき屋根の場合は見上げるかたちでしか観察できないのに対して、ここでは水平方向からの観察ができるのかちょっと新鮮でした。
 写真は多分クチビロハムシドロバチだと思います。右の個体が狩ってきた獲物は昨年の写真と同様フジハムシの幼虫ではないでしょうか。この日は時間がありませんでしたが、今度じっくりと観察してみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

ヒメバチの1種、2009年5月6日撮影

Himebati_1_090506002
 カタアカスギナハバチと思われる幼虫が発生している場所でヒメバチが群飛していることはすでに書きましたが、群飛はまだ続いています。たくさん飛んでますが、交尾はほとんど見られません。メスは少ないのかもしれません。ちょっと粘って、やっと交尾を撮ることができました。

Himebati_2_090505002
 ヒメバチもハバチの幼虫もたくさんいるのに、産卵もほとんど見ることができません。
 写真の場面も、ちゃんと産卵したかどうかよく分かりませんでした。もうしばらく産卵期は続きそうなので、また産卵を狙ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

クロモンキリバエダシャクの幼虫、二千九年月5日撮影

Kuromonnkiribaedashasku090505029
 リョウブの枝についてました。のばせば4cm弱程度になると思います。
 珍しい虫ではないようですが、私は初めてだったので、背中の突起に見とれてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

ヤナギハムシ、2009年5月1日撮影

Yanagihamusi_1_090501130
 先日、紹介したヤナギの木では、たくさんのヤナギハムシが交尾していましたが、卵塊がたくさん産み付けられていました。産卵シーンが見られるかもしれないと期待していたのですが、タイミングが合わなかったようです。

Yanagihamusi_2_090503096
 孵化が近い卵にはこのような黒点が現れます。

Yanagihamusi_3_090501168
 孵化です。風が強くてちょっと厳しい写真しか撮れませんでした。

Yanagihamusi_4_090501180
 別角度から。

Yanagihammusi_5_090503111
 幼虫の集団です。少し大きいので2齢になっていると思います。このような幼虫の集団がたくさん見られました。例年通り、ヤナギの葉は食い尽くされると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタアカスギナハバチ、2009年5月2日撮影

Kataakasugunahabati_0_090502012
 春になると公園の一画のスギナにハバチの幼虫が大発生することには、何年も前から気付いていました。今年も写真のような有様になっています。
 この幼虫の成虫を見たことがなくて、ずっと気になっていましたが、今年は産卵期にそれらしい姿を見ることができました。

Kataaka_1_090412033
 4月12日の撮影です。絵合わせ的にカタアカスギナハバチではないかと思います。
 幼虫の発生するスギナ群落のすぐそばでオスの群飛らしきものが見られました。そこで交尾した後、メスはスギナ群落へ移動して産卵するように見えました。
 スギナはいたる所に生えていますが、このハバチの幼虫が発生するのは、毎年ここだけなのがちょっと不思議です。

Kataakasugunahabati_2_090412028
 産卵の様子です。
 飛来したメスはスギナの茎を下向きに歩き、ある程度降りたところで反転して、上りながら数箇所に産卵して、次の産卵場所を探しに飛び立つようでした。
 次の週にもう少し撮ろうと思っていましたが、すでにハチの姿は見られませんでした。産卵は短期間に集中して行われるようです。これまで、このハチの産卵に気付かなかったのはそのためだったのでしょう。(2009年4月12日)

Himebati_1_090502087_2
 ハバチの幼虫が発生し始めると、ヒメバチの群飛が始まります。大半のハチはピンボケですが、この画角内にこれだけの数の飛んでいるハチが写っていることで、相当な数のハチが飛び回っていることがわかると思います。ほとんどはオスで、メスを待っているのだと思います。
 このヒメバチは Hadrodactylus orientalis Uchida, 1930 (リンク先から ヒメバチ科の「画像へ」→上から5番目の写真をクリック) だと思います。「寄主の記録はありませんが、スギナハバチあたりに寄生していると考えられています。」とのことです。数年前からハバチの幼虫に産卵する現場を見たいと思っていますが、果たせずにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

ヒラタアブの1種?、2009年5月2日撮影

Hirataabu090502176
 ホバリング中のヒラタアブ類は、飛んでいる虫としては最も撮りやすい被写体だと思います。水平方向からの写真はこのブログにも何度かだしました
 真下から撮ったらどんな感じかな、というのは以前から考えていましたが、写真のアブは非常に安定したホバリングをしていたのでやって見ました。案外難しくて、相当な数の写真を撮って、ようやく数枚のまあまあの写真を得ることが出来ました。
 下からの写真に熱中して、同定の助けになるような写真を撮り忘れてしまいました。アホですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »