« カギバガ科の1種の幼虫? | トップページ | セダカバエ科の1種の交尾 »

2009年5月29日 (金)

カメノコテントウの蛹

Kamenokotenntou_1_090524205
 5月19日の記事でヤナギハムシの蛹が鈴なりになっているのを紹介したヤナギ類の木で、今度は一足遅れてカメノコテントウの蛹化がピークを迎えていました。 
 左は蛹化直後、右は少し時間がたった蛹です。(2009年5月24日、兵庫県三田市)

Kamenokotenntou_2_090524206
 カメノコテントウの幼虫はまだ残っていて、周りにヤナギハムシの蛹もたくさんあるのに、よりによって、身内を餌に選ばなくても・・・と思うのですが、写真のような光景もいくつか見られました。

|

« カギバガ科の1種の幼虫? | トップページ | セダカバエ科の1種の交尾 »

昆虫」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

この近辺(茨城南部)では何故かカメノコテントウは見つかりません。
同様の光景はナミテントウでもよく見かけます。
幼虫が蛹を、そして成虫が羽化中途のものを・・・。 共食いはちょっと凄惨な光景ですが、深いところでは増えすぎ制御の意味があったりするのかも知れませんね。

投稿: 歩兵くん | 2009年5月29日 (金) 16時17分

歩兵くん さん
幼虫にとっては単なる餌に過ぎないのでしょうが、
カメノコテントウの場合、大きい分凄惨さが際立つような気がします。

投稿: ハンマー | 2009年5月29日 (金) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/29845589

この記事へのトラックバック一覧です: カメノコテントウの蛹:

« カギバガ科の1種の幼虫? | トップページ | セダカバエ科の1種の交尾 »