« サラサリンガの卵 | トップページ | エゴヒゲナガゾウムシ »

2009年6月30日 (火)

エゴツルクビオトシブミ

Ego_1_090628133
エゴノキの葉に特徴的な食痕があったので、捜してみると、エゴツルクビオトシブミの姿が見つかりました。春先に作られた揺籃から孵化した新成虫だと思います。

Ego_2_090628127
 オスが頭を高く掲げる、特徴的な姿勢でじっとしていました。何をしているのでしょうね。
 ざっと捜して、5個体がみつかりましたが、全てオスでした。意味ありげですが、よくわかりません。

Ego_3_090628146
 オスの長い首はメスを獲得するための闘争に使われるともいわれていますが、少なくとも、葉っぱを食うときには邪魔になっているように見えます。喉がつまりそう。

|

« サラサリンガの卵 | トップページ | エゴヒゲナガゾウムシ »

昆虫」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/30343420

この記事へのトラックバック一覧です: エゴツルクビオトシブミ:

« サラサリンガの卵 | トップページ | エゴヒゲナガゾウムシ »