« エゴツルクビオトシブミ | トップページ | ハチタケ? »

2009年7月 4日 (土)

エゴヒゲナガゾウムシ

 忙しくて疲労が抜けない上に、良いネタがなかったのでしばらく更新をサボってしまいました。来週も前半は出張、後半は多分疲れているので・・・。

Egohigenaga_1_090704063
 エゴノキの実が大きくなってきたので、そろそろエゴヒゲナガゾウムシが来ているかと、見に行きました。しかし、ちょっと早かったようで、1匹のオスが寂しげに佇んでいるだけでした。しかし、いつ見ても凄い顔ですね。

Egohigenaga_2_090704080
 顔のアップです。
 一面に白い毛が生えているんですね。なかなか面白い毛並みです。

 (2009年7月4日、兵庫県三田市)

|

« エゴツルクビオトシブミ | トップページ | ハチタケ? »

昆虫」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

顔面は毛の密生だったのですねえ。
それにしても面白い不思議な顔、どう見ても哺乳動物反芻類の面(つら)です^^
今日も精密アップを楽しませていただきました。

投稿: 歩兵くん | 2009年7月 5日 (日) 01時24分

歩兵くん さん
こんな顔になる必然性があるとは全然思えません。
不思議なことですね。
顔の毛は今回初めて気付きましたが、こういうことがあると、写真を撮っていても面白いです。

投稿: ハンマー | 2009年7月 5日 (日) 05時50分

少なくとも40年以上前までは、奈良盆地の釣具屋さんでは、初冬になると“チシャの虫入荷”と書かれた紙が張られていました。寒バエ釣りの餌です。取り扱い簡便だし、シーズン中いつまでも幼虫(前蛹)のままだからです。そう言えば、ある年に50個余りが羽化しないので割ってみると、まだ前蛹でした。続いての2個も同様でした。これら残りは、容器の蓋が開いていたので、全部乾燥死しましたが・・。翌年に100個ほど用意していましたが、6月中に全員羽化しました。これきりのことなんですが、狐につままれたような・・でした。

投稿: 通りかかり | 2009年7月 9日 (木) 06時40分

通りかかり さん
興味深い思い出話をありがとうございます。

前蛹で休眠状態で越冬するようですが、
その休眠状態が破れるための条件が何かあって、
何らかの理由で、休眠したまま蛹化できなかったということなのでしょうが、
具体的なことは何も分かりません。

難しいですね。

投稿: ハンマー | 2009年7月 9日 (木) 22時02分

初めて見ました。
ゾウムシとは思えない顔・・・鼻が長いというより顔が面長です。
なんだか山羊の魔物のようです。
しかも長ーい触角ですね。
こんなに長いということは、あまり見えてなかったりするのでしょうか。

投稿: むいむいのお時間 | 2009年7月10日 (金) 22時58分

むいむいのお時間さん

エゴヒゲナガゾウムシはゾウムシとは言っても、
ゾウムシ科ではなくヒゲナガゾウムシ科の虫なので、
ちょっと顔つきが違います。

それと、もう他のサイトで見たかもしれませんが、
この虫はオスとメスとでは顔がかなり違っています。

投稿: ハンマー | 2009年7月11日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/30404646

この記事へのトラックバック一覧です: エゴヒゲナガゾウムシ:

« エゴツルクビオトシブミ | トップページ | ハチタケ? »