« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

クロスキバホウジャク

Kurosukiba_1_090829079
 複数の個体がウロウロしていました。クロスキバホウジャクでいいと思うのですが、スキバホウジャクとの区別がよく分かりません。

Kurosukiba_2_090829082
 スイカズラに産卵していたのですが、こんなショボイ写真しか撮れませんでした。これを撮ったのは昨日(8/29)  で、ちゃんとした産卵の写真を撮ろうと、今日も同じ場所へ出かけましたが、姿を見せてくれませんでした。
(以上2枚、兵庫県三田市、2009年8月29日撮影)

Kurosukiba_3_090830004_2
 卵はスイカズラの葉の裏に産み付けられていて、直径約1mm。産卵直後のものは薄い緑で特に構造は見えなかったと思いますが、それは撮っていませんでした。
 この写真は産卵後少し経過したものでしょうか、何か白い模様が現れています。

Kurosukiba_4_090830010
 孵化直後と思われる幼虫もみつかりました。体長は約4mm、体色はほぼ白ですが、尾角だけは黒です。
(後半2枚、兵庫県三田市、2009年8月30日撮影)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

キボシマルウンカの交尾

Kibosi_1090829112
 キボシマルウンカが交尾していました。今までに数回見たことがありますが、このように、軸が90度回転した位置での交尾が標準的な姿勢のようです。他の虫ではあまり見ないような気がするんですが、どうでしょうか? 
 ベッコウハゴロモがのぞいていました。
 (兵庫県三田市、2009年8月29日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

アカハネナガウンカ

Akahanenaga_1_090823039_2
 ガマの葉にアカハネナガウンカが止まっていました。久しぶりに見ました。というか、今年はハネナガウンカ科はこれが初めてのような気がします。去年はたくさん見たのですが、安定しません。

Akahanenaga_2_090823069
 正面から。

Akahanenaga_3_090823070
 正面のアップ。なんともいえない顔つきですね。偽瞳孔もいい味を出しています。
 (兵庫県加東市、2009年8月23日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

モノサシトンボ

Monosasi090816239
 モノサシトンボが小さなハエのような虫をくわえていました。
 すとろぼが強すぎて、白い部分が完全に白飛びしてしまいました。難しい。
 (兵庫県三田市、2009年8月16日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

ツリアブ類

Sukiba090816229
 森の中の、日が当たって土が露出している場所にスキバツリアブが集まって、お尻を地面に押し当てていました。
 私は初めて見ましたが、検索してみるとこのような場面はよく目撃されているようです。産卵と書かれていることもあるようですが、これは多分、卵の周りにまぶすのに使用する砂を集めているのだと思います。
 動画も撮りました。
 (兵庫県三田市、2009年8月16日撮影)

Turiabu090823076
 これは昨年8月24日記事で紹介したのと同じツリアブで、ある方に ヤマシロツリアブだと教えていただきました。
 今年も6月末から、ハチなどの巣穴の周りに産卵する姿が見られるようになりました。個体数はさほど多くはないようですが、時々目にします。
(兵庫県加東市、2009年8月23日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

クロミャクチャタテの行列

Chatate090823020
 チャタテムシの1種クロミャクチャタテの幼虫が行列を作って歩いている様子を動画で撮りました。↓

 統制の取れた行列ではなく、どの個体も他の個体を後ろを歩きたがり、先頭を嫌がっているように見えます。それでも結局一列になってしまうのが、面白いです。
(兵庫県三田市、2009年8月23日撮影)

psocodeaさんからクロミャクチャタテと教えていただきました。動画も近く復活させたいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

オオメカメムシの羽化

Oome_1_090822066_2
 オオメカメムシの羽化というタイトルにしましたが、みつけた時はこの写真のような状態で、ほぼ羽化は終了していました。本来黒っぽいカメムシですが、羽化直後はこのように真っ赤です。

Oome_2_090822073
 抜け出してきたところ。
 翅がまだ伸びきっていません。
 (以上、兵庫県三田市、2009年8月22日撮影)

Oome060611img_4196
 本来の色合いのオオメカメムシ。アブラムシを捕食しているところです。
 普通に見られるカメムシですが、捜してみるとこの古い写真しかありませんでした。
 (兵庫県加東市、2006年 6月11日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

マルカメムシ、集団感染?

Marukame_1_090812123
 クズのつるに何やら白いものが付いていたので、カイガラムシだろうかとよく見てみるとマルカメムシでした。

Marukame_2_090812134
 こんな感じで、白いカビに犯されたマルカメムシの死体がたくさん付いていました。そばにいるカビの生えていない個体は生きています。

Marukame_3_090812141 
 成虫も幼虫も区別なく感染しているようです。ボーベリアとかいうカビでしょうか? 
 ふわふわした菌糸の質感は、セミやバッタなどに生えているのをしばしば見かけるものとはちょっと違うような気もします。
 圧倒的な個体数を誇るマルカメムシのことですから、カビで少々死んだくらいのことは何でもないのでしょうが、カビによる感染死も少しは個体数の制御に役立っているのかもしれません。
(兵庫県三田市、2009年8月12日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

エサキモンキツノカメムシ

Esaki090816156
 ハンノキの葉の上で、卵を守っているエサキモンキツノカメムシがいました。捜してみると同じハンノキにあと3匹、子守をしている個体がみつかりました。今年は多いのかもしれません。
 (兵庫県三田市、2009年 8月16日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

ツクツクボウシ

Tukutuku_1_090814043
 ツクツクボウシが鳴いているのを撮っていて、この写真を撮った瞬間に、下からメスが近付いて来たことに気付きました。一瞬迷いましたが、動画に切り替えました。


 メスに気付くのか遅すぎて、交尾までのプロセスはほとんど撮れませんでした。残念です。あまりに短いので、オマケとしてオスが鳴いているシーンを付け加えました。

Tukutuku_2_090814058
 交尾の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

粘菌類、8月16日写真追加

Nenkin_1_090812058
 粘菌類の子実体が目に付いたので、久しぶりに撮ってみました。ただし、私には同定能力がないので、写真だけです。
 2009年8月12日撮影。ムラサキホコリカビなどと同じような形の子実体。
 
 (以下の写真は全て兵庫県三田市にて撮影。撮影日はそれぞれに記載します。)

Nenkin_2_090812050
 可愛らしい感じの子実体。成熟していない状態だとおもいます。つやつやとしてきれいでした。(8月12日撮影)

Nenkin_7_090813014
 上の写真と同じものの翌8月13日の写真です。形はほどんど変わっていませんが、色は濃くなっていました。小さなトビムシらしき虫が写っています。

Nenkin_3_090812082
 黄色い変形体。2009年8月12日9時52分撮影。

Nenkin_4_090812294
 上と同じ変形体。16時40分撮影。子実体を形成する直前の状態でしょうか?

Nenkin_5_090813004
 黄色い変形体。翌8月13日、9時25分撮影。杯状の子実体を形成していました。

Nenkin_6_090813008
 アップです。形が多様で面白いです。

 今更ですが、変形菌という呼び方で正しかったのな?変形体や子実体という呼び方は?もし違っていたらごめんなさい。

8月16日に撮影した写真を以下に追加します。

Hokori_1_090816093
この記事の最初の写真の子実体がこんな風になっていました。胞子が飛んでしまった抜け殻だと思います。

Hokori_2_090816069
別の子実体が発生していました。かなり未熟な感じです。多分、何か色が付くんだろうと想像されます。

Hokori_3_090816071
 これが、上の未熟な子実体が成熟して、胞子が抜けた後の姿ではないかと思います。小さなナイロンたわしといった感じで面白い形です。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

コイナゴ

Inago_1_090814163
 イナゴが異常に多いような気がしました。この写真に10匹写っています。

Koinago_2_090814165
 多分コイナゴだと思います。
 このイナゴがササの葉を食っているところを動画で撮ってみました。単に葉を食っているだけの 動画ですが、イナゴの旺盛な食欲は見ているだけで何となく楽しくなってきます。俺だけ? 
 (兵庫県加東市、2009年8月13日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

ルリジガバチ

Rurijiga_1_090812217
 公園の休憩所の柱にあいた、何者かの脱出孔にルリジガバチが営巣していました。ルリジガバチはよく見かけていましたが、巣をみつけたのは初めてです。写真は捕らえたクモを巣穴へ運んで来たところです。
 クモをくわえた写真を撮るチャンスは何度かありましたが、ハチの動きが速くて、失敗を重ねた後、やっとこの写真が撮れました。

Rurijiga_2_090812244
 最初の写真の次のクモを孔に押し込んだ後、泥を運んできて巣穴を閉じ始めました。

Rurijjiga_3_090812223
 孔をのぞいて見ると、クモが満タンになっていました。
 (兵庫県三田市、2009年8月12日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

コムラサキのおしっこ

Komurasaki_2_090809015_3
 ようやく梅雨が明けたはずなのに、今日は朝から雨。昼過ぎになってようやく雨が上がったので公園に出かけましたが、めぼしいものはみつからず、もう帰ろうかと思っているところで、アラカシの樹液に来ていたコムラサキを見つけました。

Komurasaki_1_090809013
 コムラサキは久しぶりなので、なんとか翅が青く光る角度から写真を撮りたくて、色々とやってみましたが、この写真のような地味なものしか撮れませんでした。

Komurasaki_3_090809023
 コムラサキは時々翅を開閉させながら、黙々と樹液を吸っていましたが、突然お尻をあげて、おしっこをしました。これはぜひ撮りたいと、青い翅は諦めて狙いをおしっこに切り替えました。10分くらい粘ってこの写真を撮りました。残念ながらおしっこは写りませんでしたが、その時の姿勢は分かっていただけると思います。
 この写真の次に下の動画を撮りました。今度は15分ほど待たされましたが、カメラを持つ手がプルプルし始めた頃におしっこをしてくれました。
 樹液を吸っている間は10~15分ごとにおしっこをするらしいことが分かりましたので、横からも撮りたかったのですが、大粒の雨が降ってきたので諦めました。
(兵庫県三田市、2009年8月9日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オニヤンマの産卵

Oniyannma090808067
 岩から水が滲み出しているような場所でオニヤンマが産卵していました。
 このトンボがこんなに水が少ない場所で産卵するとは知りませんでした。
 えらい勢いで尾端を地面に突き立てるので、怪我でもするんじゃないかと気になりました。
 動画も撮りました。撮影中はオニヤンマの翅音と尾端が地面に当たる時の音がはっきりと聞こえていたのですが、動画ではセミに負けてほとんど聞こえていないのが残念です。
(兵庫県三田市、2009年8月8日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

バン

Ban_1_090802015
 いつも行く公園の池に2羽の水鳥が泳いでいました。羽毛がホワホワとしていて、どう見ても幼鳥のようです。

Ban_2_090802017_2
 子供だけでうろついていていいのかなと見ているところに、魚をくわえた親鳥が帰ってきました。

Ban_3_090802018
 岸の茂みの中に親子で入っていきました。この中に巣があるようです。

Ban_4_090802022
 しばらくして、出て来た親子。もう1羽の雛も近くを泳いでいました。
 鳥のことは全然知りませんが、図鑑を見るとバンという鳥のようです。
 (兵庫県三田市、2009年8月2日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

ガマノハアブラムシ(とダニ)

Gamanohaaburamusi090801027
 昨日(8月1日)は朝から土砂降りで、大雨洪水警報が出ている中、とりあえず止んだので出かけましたが、再び土砂降りになり、公園の休憩所で2時間近く雨宿りする羽目になりました。先週も同じような目にあっているので、昨日はバッグに本を入れていきました。おかげでさほど退屈せずにすみました。
 今日も、今(午前6時25分)かなりの雨が降っていて、大雨洪水警報が出ているようです。出かけるにしても、今日も本持参で行ったほうが良さそうです。

 写真はガマに付いていたアブラムシです。赤い模様のあるアブラムシがいると思ってよく見るとダニでした。ダニというのは何にでも付くのですね。
 (兵庫県三田市、2009年8月1日撮影)

 15時30分からは、「兵庫県立人と自然の博物館」で栗林慧さんの講演会があったので、そちらへ移動しました。上映されたビデオや写真も素晴らしいものでしたが、何より70歳になるという栗林の若々しく、健康そうな様子が印象的でした。私も70歳になった時、あれくらい元気ならいいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

イチモンジカメノコハムシ

Itimonnjikamenokohamusi090719019
 イチモンジカメノコハムシの蛹です。写真ではよく分かりませんが、羽化できなかった個体のようです。
 もう6年前になると思いますが、私が始めてweb上にアップした写真はイチモンジカメノコハムシの幼虫だったと思います。当時、このハムシは自宅近くの公園にたくさんいて、幼虫、蛹、成虫とそれぞれの形が面白く、あまり動かない虫なので、虫の写真を撮り始めたばかりの私には格好の被写体でした。
 ところが、3年ほど前から、この公園のイチモンジカメノコハムシが明らかに減りはじめました。成虫も幼虫も蛹もムラサキシキブの葉の上にいるので、見落としはありません。今年はとうとう1個体の成虫も幼虫も見ないまま夏を迎え、ようやくみつけたのが、写真の羽化に失敗した蛹です。
 特に大きな環境変化があったとは思えないのですが、不思議なことです。
 (兵庫県三田市、7月19日撮影)

 今日は朝から土砂降りの雨で、ついさっきまで降り続いていましたが、止んだようなのでそろそろ出かけることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »