« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

卵に糸をかけるホソチャタテ

091122_0184
 常緑広葉樹の葉裏に産卵するチャタテムシの1種ホソチャタテが産卵後、卵の上に糸をかけているところです。以前に同じような場面を見たことがあって、これが2回目です。本当は産卵そのものがとりたいのですが、産卵シーンを目にすることは滅多にありません。チャタテムシも卵もいくらでも見かけますが、上手くいかないものですね。観察のポイントをはずしているのかもしれません。
 (兵庫県三田市、2009年11月22日撮影)

psocodeaさんからホソチャタテだろうというコメントを頂きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

ヨツボシアカマダラクサカゲロウの幼虫

_1_091122_0166
 ヨツボシアカマダラクサカゲロウの幼虫がチャタテムシの卵を食っていました。

 常緑広葉樹の葉裏に産卵するチャタテムシが複数種いることは、以前に何度も紹介しました。例えばこれです。 このチャタテムシの卵を食ううじ虫がいてこれがタマバエの幼虫だったことも以前に紹介しました。このうじ虫には今も興味があって、執念深く捜し続けていますが、個体数は少ないようです。

 しかし、食い荒らされたようにみえるチャタテムシの卵はしばしばみつかるので、これを食う虫が他にもいるようだとは思っていました。そして、しばしば、チャタテムシの卵のそばにクサカゲロウ類の幼虫がいるのが見られますので、こいつが犯人だろうと見当を付けていました。

 今日、ついに現場を押さえることができました。これはヨツボシアカマダラクサカゲロウの幼虫のようですが、他のクサカゲロウの幼虫もチャタテムシの卵を食う可能性があると思います。(兵庫県三田市、2009年11月22日撮影)

_2_091122_0172
 アップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ヒゲナガサシガメ、11月29日追記あり

091121_0002
 ソヨゴの葉裏でヒゲナガサシガメの成虫をみつけました。
 このサシガメの幼虫が広葉樹の葉裏 で越冬することは、このブログで何度も紹介してきました。事実、今時分から来春にかけて、葉裏をのぞいて歩けば幼虫はいくらでもみつかります。しかし、この時期に成虫を見たのは初めてです。このまま越冬するかどうか、春まで様子を見るつもりです。(兵庫県三田市、2009年11月21日撮影)

 話は変わりますが、いつも行く公園に下の写真のような貼り紙がありました。人の多い場所なら問題ないのでしょうが、私はしばしばほとんど人が来ない場所を歩くので、正直言ってちょっと怖いです。鈴でもぶら下げて歩こうかと考えています。

追記:11月28日には姿を消していました。残念。(11月29日)

Harigami091121_0031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ムラサキシジミ

 久しぶりの更新になります。根が怠け者なので、さぼりはじめるとズルズルとサボり続けてしまいます。
 写真はムラサキシジミです。この日は晴天で気温も上がり、ムラサキシジミがたくさん飛び回っていました。近付かせてくれる個体がいたので、近寄って撮ってみました。どちらの写真もF8、1/60秒、ストロボ使用で撮っていますが、かなり違う絵になっています。翅の動きの速さによるのでしょうか。(兵庫県三田市、2009年11月7日撮影)

1091107_0187

2091107_0184 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ミノオキイロヒラタヒメバチ

Minoo091108_0027
 ミノオキイロヒラタヒメバチは先日出したばかりですが、大中小が並んで越冬していたのが面白かったので、再登場させました。この個体差は半端ではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

ツチハンミョウの1種

091108_0034
 ツチハンミョウの一種が求愛していました。触角の特徴を見ると、ヒメツチハンミョウではなさそうです。メノコツチハンミョウまたはキュウシュウツチハンミョウではないかと思いますが、全然自信はありません。
 オスが触角の太くなった部分でメスの触角をつかむようにしているのが、この写真でもわかると思います。写真はこれを含めて数枚撮っただけで、あとは動画を撮りましたので、そちらをご覧ください。
 途中、メスが中脚をオスの方に回しますが、あれが交尾OKの合図のように見えます。オスが、ちゃんとやっていれば交尾を見ることができたはずなんですが・・・。オスが勝手にひっくり返ったとしか思えません。
(兵庫県三田市、2009年11月8日撮影)

動画のエンコードが上手くいきません。動画のアップは後日ということにします。
エンコできました。下に動画をリンクします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

アオイトトンボ

091107_0251
 気配がしたので上を見ると、イトトンボが何かを追いかけているのが見えました。さすがにそれを撮るのは無理でしたが、降りてきたイトトンボを撮影しました。イトトンボはアオイトトンボで捕らえられたのはクサカゲロウ類のようでした。

_2_091107_0260
アップ

_3_091107_0274
 正面から。

 下に動画もアップしておきます。単にトンボが餌を食っているだけの動画です。口の動きは何となくわかります。
(兵庫県三田市、2009年11月8日撮影) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

ウスイロカモドキサシガメ

091103_0068
 わけ有って、このところ常緑広葉樹の葉裏に産み付けられたチャタテムシの卵を見て歩いています。そのせいか、そろそろ越冬準備に入った虫を見かけます。
 写真はカモドキサシガメの1種で、私は始めて見ました。カメムシBBSに問い合わせたところ、風林火山さんに ウスイロカモドキサシガメ Tridemula ishiharai Tomokuni, 1994 と教えていただきました。常緑樹の灌木帯でよく見かけるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

クチナガガガンボ

_1_091018022
 1週間もサボってしまいました。ちょっと仕事が忙しくなっています。いいネタがないこともあって、ブログを更新する気力がでてきません。気力がいるようなブログかよ、といわれると返す言葉もありませんが・・・。
 さて、写真はツワブキに来ていたクチナガガガンボです。最近はこういう場面をみると、両方の虫にピントが合う角度を探して撮る練習をするのが習慣になっています。今使っているキャノンのS5ISのファインダーの解像度では正確なフォーカスがよくわからないのがつらいところです。

_2_091018037
 もちろん、アップの写真も撮ります。こっちは練習ではなくて、病気です。こんなに長い口で蜜を吸っているのに、顔の周りや脚の付け根付近に花粉が付くのは何故だろう?
 (兵庫県三田市、2009年10月18日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »