« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

ムラサキトビムシ?

_1_100321_095053
 時々大発生しているのを見かける事のあるトビムシですが、この時はせいぜい100匹程度の小集団でした。(2010年3月21日、兵庫県三田市)

_2_100228_113034
 体表の質感なんともいえませんね。この写真くらい大きければ指先でツンツンしたくなりそうな感じです。(2010年3月28日。兵庫県三田市)

_3_100228_111058
 正面からの写真です。個眼の少ない複眼が不思議な感じで、みとれてしまいます。(2010年3月28日。兵庫県三田市) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

オドリバエ科の1種

_1_100327_130408_3
 なかなかすっきりとは暖かくなりませんね。昨日の朝の最低気温は-2℃でした。どうも、土日には雨が降ったり、気温が低かったりで、チョウはまだ成虫越冬の種しか見ていません。

 写真は、過去に何度か紹介したオドリバエ科の1種、Hoplocyrtoma japonica だと思います。今年も姿を現しました。これも、私にとっては春を感じさせる虫の一つです。
 捕らえられているのはユスリカでしょうか?獲物を逆立ちして食う姿が面白くて、見つけるとト撮らずにはいられません。

_2_100327_130708
 1枚目の写真とは別個体です。このように、餌を食っていない時には普通の姿勢でとまっています。
 (2010年3月27日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

ツメクサタネコバンゾウムシ、3/28タイトル変更

_1_100321_121030
 オオイヌノフグリの花の中にいた小さなゾウムシです。かわいいものですね。

_2_100321_122916
 アップです。
 花びらの付け根の透明な毛がきれいです。この中に蜜腺があるのでしょうか?
 (2010年3月21日、兵庫県三田市)

2010年3月28日、虎象さんからこのゾウムシが「ツメクサタネコバンゾウムシ」だとのコメントを頂ましたので、タイトルを変更しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

ダニの1種

100320_110458
 昨日、一昨日とすごい強風でした。テングチョウやビロードツリアブなどの早春の定番の虫を見かけましたが、 写真どころではありませんでした。
 写真は葉裏に産み付けられたチャタテムシの卵を食べていたダニの1種です。このような光景は何度か見ましたので、この赤いダニがチャタテムシの卵を食うことは普通にあることのようです。
 以前にタマバエの幼虫クサカゲロウの幼虫がこの卵を食うことを紹介しました。チャタテムシの卵は肉食のムシ達にとっていい餌になっているようです。
 (2010年3月20日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

チャタテムシの1種の孵化

_1_100313_112149
 広葉樹の葉裏に産卵するチャタテムシの孵化が始まりました。葉裏に産卵するチャタテムシは何種もいて、この卵がどのチャタテムシの卵かは私にはわかりません。これか、これかそれとも別の種か?

_2_100313_112629
 アップです。
 昨年も同じ写真を出しています。どうも去年の方がうまく撮れていた様な気がします。悔しいので、見つけたらまた撮って、また出します。これに限らず、同じ被写体の写真を何度でも出すという方針で行くことにしました。ネタ切れ対策です。
 (2010年3月13日、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

ゲホウグモ

100221_114955
 コナラの小枝の先端にいたゲホウグモです。この写真だと、クモだということが明らかですが、実物はコナラの冬芽に擬態していて見つけにくいクモです。
 (2010年2月21日、兵庫県加東市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

クサビヨコバイ?

_1_100228_114642_2
 ネコヤナギの枝にヨコバイらしき虫の死体が付いていました。もちろん写真はたくさん集まっている場所を撮ったものですが、株全体に点々と死体が付いていて相当な数だとおもいます。

_2_100228_114749_2
 カビにおかされたのでしょうか? 相当な集団感染だったようです。
 (以上2枚、2010年2月28日、兵庫県三田市)

_3_090711098_2  
 昨年、同じネコヤナギにたくさんいたヨコバイです。クサビヨコバイだと思います。上の死体も多分このヨコバイでしょう。
 (2009年7月11日)

_4_090628077_2
 ついでに幼虫も。
 (2009年6月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

チャタテムシ科の1種

 いつの間にやら1ヶ月半も冬眠してしまいました。特に理由があったわけではありません。この時期、忙しいことも、たいした虫が撮れないことも例年通りです。根っからのサボり癖が高じてしまったといったところだと思います。ちょっと気になるのは、そうは見えないかもしれませんが、いつの間にやらブログに出す写真のハードルを上げてしまっていたかもしれないこと。ここは初心に戻って、できの悪い写真でもどんどん出していくようにしようかと思っています。

1100228_094744 エゴノキの樹皮にいたチャタテムシ科の1種です。体表に地衣類のかけらのような緑色の粒々を付着させていました。

_2_100228_100908
 前から

_3_100228_095016
 上から。無翅ですが、これで成虫のような気がします。根拠はありませんが・・・
 (2010年2月28日、兵庫県三田市)

_4_100207_101815_3
 上3枚の写真とは別個体です。
 ピントの悪い写真ですが、アップにしてみると体表に細い毛が生えていて、その先端に粘液が付いているように見えます。緑の粒々はその毛の先端に付着しているようです。これは、虫が自分で積極的に付けるのでしょうか?もしそうなら、その様子を見てみたいものです。
 (2010年3月7日、兵庫県三田市)

psocodeaさんからチャタテ科の1種とコメントを頂きましたので、タイトルを変更しました。 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »