« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

カトウツケオグモ

Katou_1_100424_113221
 少し見上げるような位置にあるヒイラギの葉の裏にアリが群れていました。茶色いものは何かの枯れた花穂のように見えて、アリが集まるようなものには見えません。
 写真を撮った時には気付きませんでしたが、写真で見ると葉の表面に糸が見えます。

Katou_2_100424_113322
 葉の表にはカトウツケオグモの幼体がいました。このクモを見つけたのは久しぶりでした。台座もしっかり作られていて、おそらくこの場所で越冬したと思います。このヒイラギの木にはチャタテムシの卵が多かったので冬中チェックしていたのですが、このクモには気付きませんでした。
 それにしても、アリは何に集まっていたのでしょうね。見たところ、クモに興味はなさそうでした。
 (兵庫県三田市、2010年4月24日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

ハバチの1種

Habati_1_100424_120801
 ハバチが続きますが、どれも私には同定不能なものばかりで情けないことです。
 植物の方はミズナラじゃないかと思いますが、もう少し葉が展開しないと、よくわかりません。ハチは新芽に産卵していました。同じ株にもう1匹、同じハチが来て産卵していました。

Habati_2_100424_121236
 アップです。撮っている時は真っ黒なハチだと思っていましたが、こうしてみると、茶色と白が入っていて面白い模様です。
 (2010年4月24日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

マツノミドリハバチ?

Matunomidorihabati_100424_094223
 昨日は午前中、手がかじかむくらい寒かったのですが、そうは言っても4月下旬、それなりにいろんな虫が見られました。今日は所用があって外出できないのが残念です。
 昨日は特にハバチが目に付きました。写真はアカマツの幼木にいたハバチです。こんな触角のハバチはあまり見たことがありません。カッコイイです。割と敏感なやつで、すぐに逃げられてしまったのが残念です。
 触角の形と松にいたというだけで、マツノミドリハバチという名前を引っ張り出してきましたが、「兵庫県におけるハバチ類の種多様性」(注意、58MBあります)の図32の写真を見ると後脛節の先端付近が黒くなっていますが、写真のハチの脚にはそのような黒い部分は見られません。やっぱり違うかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

コブハバチの1種の産卵

Yanagi_1_091011105
 昨年10月に撮った写真です。シダレヤナギに丸いものがたくさん付いているのが見えると思います。いわゆる虫こぶの1種です。

Yanagi_2_091011106
 アップです。虫こぶは葉に形成されているのがわかります。虫こぶハンドブック との絵合わせではシダレヤナギハオオコブフシという虫こぶと思われます。この虫こぶを形成するのは種名不詳のコブハバチの1種だとのことです。虫こぶは落葉と共に落ちた後、幼虫は虫こぶから脱出して地中で越冬し、春に蛹化、羽化するとのこと。
 この写真を撮った時から、春には産卵を見ようと付け狙っていました。
 (1、2枚目、兵庫県三田市、2009年10月11日)

Habati_1_100424_105929
 今日、ようやく産卵を見ることができました。風が強くて撮りにくかったので判り難い写真になってしまいましたが、産卵場所は枝の先端のまだ展開していない、丸まった葉の付け根付近に限られていました。1枚目の写真のようにものすごい数の虫こぶがあったので、ハバチが群がって産卵する様子を想像していましたが、今日見られたハチは数匹でした。今後、個体数が増えてくるのかもしれません。来週以降にピークが来ればうれしいのですが・・・。

Habati_2_100424_110152
 アップです。産卵管がギザギザした感じに写っているのがちょっと気に入っています。
 (3、4枚目:兵庫県三田市、2010年4月24日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロギス?

Batta_1_100411_121429
 ちょっと前の写真です。リョウブの新芽にちょっと違和感を感じたので、葉の隙間をのぞいてみました。

Batta_2_100411_121555
 中にバッタの幼虫らしきものが潜んでいました。葉の先の方は糸で綴られています。
 中でまったりしているようなので、隙間からのぞくだけにしておきました。葉を糸で綴って巣を作るバッタはコロギスしか知らないのですが、これがコロギスかどうかはよくわかりません。
 (兵庫県三田市、2010年4月11日)

 先日、富士フィルムのFinePix HS10というカメラが欲しくなったと書きましたが、発注してしまいました。半年も待ては相当値下がりすることは明らかなんですが、辛抱できませんでした。品薄のようで、納品を待っています。連休前に来てくれるとうれしいのですが、微妙な感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

タマバチが産卵していたコナラの芽

Konara100417_110120_2
 1月11日の記事でタマバチの1種が産卵していたコナラの芽にはずっと注目していました。写真のようにまわりの芽は葉を展開し始めましたが、タマバチに産卵されていた芽(赤い矢印)は成長が止まっているようです。過去に何度かタマバチの産卵を見たことがあって、そのたびにどんな虫こぶができるのか楽しみに観察しましたが、虫こぶらしきものが形成されたことは、ありませんでした。今回は少し期待できるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

ヤナギハムシの産卵

Yanagihamusi100417_095811
 4月15日の記事でヤナギハムシが交尾していたヤナギの木では、早速産卵が始まっていました。背中についている水滴は朝露だと思います。朝露が乾くのも待たずにせっせと産卵するヤナギハムシ。今年もこのヤナギの葉は食い尽くされそうです。
 それはそうと、卵は複数が一度に出てくるようです。今まで1個ずつ産むものだと思い込んでいました。
 (兵庫県三田市、2010年4月17日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

ヤナギハムシ

Yanagihamusi_1_100411_103445
 毎年ヤナギハムシの幼虫が発生して、丸坊主になってしまうヤナギの木でたくさんのペアがヤナギハムシが交尾していました。 今年もたくさんの幼虫が生まれてきそうです。このヤナギの木では、ヤナギハムシだけでなく、カメノコテントウやハバチやヒゲナガガが見られるので、これからが楽しみです。

Yanagihamusi_2_100411_103751
 別のペアを後ろから。これは18歳以下閲覧禁止にすべきだったでしょうか。
 (2010年4月11日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

ジャゴケ?

___100327_135209
 渓流のそばにある岩の上になにやらニョキニョキと生えていました。長いものは10cm近くありました。
 ここは、過去に数十回は通った場所ですが、これに気付いたのは初めてです。

Koke_2_100327_135850
 一本むしり取ってみました。コケの胞子を作る器官のようです。帰宅後、調べたところ雌器托と呼ばれるもののようです。先っちょの傘の中は空っぽで、すでに胞子を放出したあとのようでした。
 来年はもう少し早い時期に来てみようと思います。

_3_100327_135927
 葉状体のアップです。鱗を並べたように見えるのがジャゴケ(蛇苔)の特徴とのこと、なので、これはジャゴケではないかと思いますが、間違っていても全く驚きません。
 (2010年3月27日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

ハネカクシの1種

Hanekakusi_1_100410_133727
 クロモジの花が満開状態でした。クモモジの花には毎年写真のハネカクシが集まります。数年前の花の周りをハネカクシがブンブン飛び回っているのを見たことがあって、その時は撮れませんでしたが、飛んでいるハネカクシを撮りたくて、クロモジの花には注目していますが、その後、そのような光景には出会えずにいます。今年もだめでした。

Hanekakusi_2_100410_135030
 蜜腺を探っているように見えることもありますが、写真のように花粉を食べているように見えることも多いようです。

Hanekakusi_3_100410_135856
 顔のアップです。立派な大顎ですが、何に使うのでしょうか?  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

尺取虫

Shakutori_1_100410_101137
 ゴンズイの芽についていた尺取虫です。左右の芽に同じような姿勢で1匹ずつ付いているのが面白い。

Shakutori_2_100410_102151
 右の個体の顔の部分です。手を合わせて祈っているみたいで、かわいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

カタアカスギナハバチ?

_1_100404_141445
 カタアカスギナハバチだろうと私が思っているハバチの繁殖行動が今年も始まりました。
 このハバチはスギナに産卵しますが、スギナ群落ではなく、そのそばにある低木の周囲で郡飛し、交尾します。写真は交尾ペアとあぶれたオスです。

_2_100404_123504
 これが産卵の様子です。昨年も何例か見ることができましたが、今年の方が、スギナ以外の雑草が少なくて、観察条件がよさそうなので、もう少しましな写真と、できれは動画を撮ってみたいと思っています。撮れたら、また出します。
 メスのハチはスギナの先の方にとまって、産卵場所を探りながら根元方向に歩いて行き、産卵に適した場所を見つけると反転して頭を上にした姿勢で、写真のように産卵します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

マツハバチ?

100403_093003
 アカマツの葉に卵が産み付けられているのを昨年末に見つけて、何が生まれてくるのか気になっていましたが、たまたま、孵化後間もない幼虫に会えました。生まれてきたのはハバチでした。マツハバチではないかと思います。可愛いですね。
 (2010年4月3日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

ダニの1種

Dani100403_110118
 3月22日の記事でチャタテムシの卵を食うダニを紹介しましたが、あの写真では本当に食っているかどうかがはっきりと写っていないので、撮りなおしてみました。
 ダニの口器がどうなっているのかよく知りませんが。真ん中のちょっと黒っぽいものがチャタテムシの卵に突き刺さっているように見えます。その両側の先が尖がったものはクモで言うと触肢に相当するものでしょうか?
 単眼がかわいいですね。

 ところで、4月17日に富士フィルムからFinePix HS10 というカメラが発売されます。スペックをざっと見て、欲しいと思ってしまいました。今のカメラ(キャノン、PowerShot S5IS)を買ってまだ2年足らずですし、35mm換算で24~720mmの30倍ズームというのはちょっとやり過ぎのようにも思えます。ほかにも実物を手にとって確かめたい点はありますが、私の過去の消費行動から判断して、第一印象で欲しいと思ってしまったカメラは多分買うと思います。しばらく待って、少し値段が下がってからになるとは思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »