« ゼンマイの葉裏の卵に産卵するハチ | トップページ | コブクモヒメバチの幼虫 »

2010年5月17日 (月)

シロトホシテントウ

Sirotohosi_1_100516_082759
 ユキヤナギにシロトホシテントウがとまっていました。この近辺では比較的少ないように思います。

Sirotohosi_2_100516_082948
 反対側から見るとアブラムシをくわえていました。前肢で持って食べているように見えて、かわいいですね。アブラムシはユキヤナギアブラムシだと思います。アブラムシのコロニーはあちこちに見られましたが、このテントウムシの周囲にコロニーはありませんでした。
 このアブラムシのコロニーにはアリが付き纏ってい増すので、アリに追い出されたのかもしれません。
 (2010年5月16日、兵庫県三田市)

Aburamusi100515_135315_2
 ユキヤナギアブラムシのコロニーはこんな感じです。
 (2010年5月15日、兵庫県三田市)

|

« ゼンマイの葉裏の卵に産卵するハチ | トップページ | コブクモヒメバチの幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

この天道は見たことないですね。私も出会いたいものです。それにしてもいずれのお写真も見事なマクロ撮影ですが、三脚使用ですか?私も挑戦してますが、虫さんが動くのでボツの山を築いています。

投稿: o-san | 2010年5月17日 (月) 07時57分

私は三脚は使っていません。ほとんどの場合、フラッシュを使って、シャッタースピードを上げるようにはしていますが、多くの場合は運任せですね。
それよりも、o-sanさんのHPを拝見してびっくりしました。私の写真も8割は有馬富士公園で撮ったものです。ここ5年ほどは月に6、7回は行っていますので、ひょっとするとニアミスしているかもしれませんね。

投稿: ハンマー | 2010年5月17日 (月) 20時51分

ハンマーさん、こんばんわ。
私もよくアブラムシやテントウムシ(幼虫とか)を撮りますが、その周囲にはだいたい蟻もいるのでやむなく撮る羽目になり、同定に苦労しています。
そんあこともあって、私の場合はテントウムシよりも、一緒に写っている蟻の方が気になりました。
おそらくこの蟻は、テラニシケアリだと思っているのですが・・・・何度見てもやはり蟻は難しいですね(笑)。

投稿: フッカーS | 2010年5月17日 (月) 22時26分

フッカーSさん
いいホームページもあるので
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/
アリはちゃんと勉強したいという気持ちはあるのですが、なかなか実践できません。

写真のアリですが、下のURLのページを見るとテラニシケアリは兵庫県には分布しないようですので、別物だろうと思います。
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F80616.html

投稿: ハンマー | 2010年5月19日 (水) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/34731724

この記事へのトラックバック一覧です: シロトホシテントウ:

« ゼンマイの葉裏の卵に産卵するハチ | トップページ | コブクモヒメバチの幼虫 »