« ツバキシギゾウムシ | トップページ | ウスモンオトシブミ »

2010年7月11日 (日)

キイロアシナガバエ属の1種

Hae_1_100711_102333
 朝から怪しい雲行きでしたが、出かけました。しかし、案の定すぐに雨が降り出したので、公園の東屋で雨宿りしました。退屈しのぎに東屋の柱に止まっていたハエを撮ろうとしましたが、何度撮っても上の写真のように、ぼんやりとした影だけしか写りません。アレッと思って、柱の方を見るとちゃんとハエがとまっています。 試しにファインダーから目を離してシャッターを押してみると、ハエはシャッターの瞬間に飛び上がって、次の瞬間には元の場所に着陸していました。

Hae_2_100711_103353
 横から撮ってみるとこんな感じです。適当に4枚選びましたが、同じような写真が10数枚撮れました。こういう風に撮れるということは、シャッターが下りる直前に飛び上がっているということです。
 最初よくわからなかったのですが、カメラをチェックしてみてようやく分かりました。いつの間にか、ストロボの設定が赤目防止モードになっていたのが原因でした。プレ発光で飛び上がっていたということのようです。

Hae_3_100711_103022
 赤目防止モードを解除して、ようやく普通の写真を撮ることができました。1枚目、2枚目の写真は左のメスでしたが、近くに同種のオスらしき個体がいたので撮っておきました。
 私にはハエはさっぱりわかりませんが、雨宿りの間のいい時間つぶしにはなりました。しかし、結局雨はやまず、そのまま退散することになってしまいました。
 (2010年7月11日、兵庫県三田市)

Aclerisさん、Dipterophilusさんからのご教示によりタイトルを
 ハエの1種 → キイロアシナガバエ属の1種  に変更しました。

詳細はコメント欄をご覧ください。

|

« ツバキシギゾウムシ | トップページ | ウスモンオトシブミ »

双翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ミステリックな写真でしたが、犯人は赤目防止モードでしたか^^;
確かに、このモードで動きの多い子供などを撮ると、狙ったチャンスと全然違う撮れ方になってしまうことがあります。
それにしてもこのハエ、物凄い反射神経ですね。そのまま飛び去らずに元の場所に戻るというのが又面白いです。 銃弾でも避けてしまいそうな余裕みたいなものを感じます。

投稿: 歩兵くん | 2010年7月12日 (月) 02時39分

歩兵くん さん
最初は本当にキツネにつままれたような気がしました。
しかし、わずか0.数秒の間にあれだけ飛び上がって、元の場所に戻る、ハエの飛翔能力には恐れ入ります。

投稿: ハンマー | 2010年7月12日 (月) 20時34分

コンニチワ。
この子はよく木の幹に止まっているのを見かけますね。
キイロアシナガバエの1種だと思いますが、
講談社の新訂図鑑でもsp扱いになってますね。
このキイロアシナガバエ属Neurigonaは日本産10数種いるそうですが、
研究されてないそうです。

投稿: Acleris@会社 | 2010年7月13日 (火) 18時50分

Aclerisさん
キイロアシナガバエの1種ですか。どうもありがとうございます。
なかなかきれいなハエですが、このあたりのハエの研究は遅れているようですね。

投稿: ハンマー | 2010年7月14日 (水) 21時08分

ハンマーさん、お久しぶりです。相変わらず素晴らしいマクロ写真を撮影されていますね。いつもウーーンとうなりながら拝見しています。

このハエはAclerisさんがコメントされているようにアシナガバエ科のNeurigonaキイロアシナガバエ属の一種です。この属は日本に10数種生息していますが、かなり研究を進めた方が中断していまして、今のところ正確な同定ができません。しかし、写真の種はこの属としては一般的な形態の種です。

Neurigonaの種は、基本的には垂直で平たんな壁、岩壁、柱、平滑な樹幹などに頭を上にして(頭を上にするのは当たり前だろう、と言われそうですが、アシナガバエ科には頭を下にして静止する者がかなりあります)静止しています。この面にいて、ここに飛来して静止する小型ないし微小の双翅類や同翅類などを口器で捕捉してから咀嚼して摂食します。
Neurigonaと同様に水辺から離れた垂直面に静止して生活するアシナガバエにMedetera属があります。これも食性はほぼ同様です。しかし、体色は帯藍黒色です。Neurigonaにも体が暗色の種もありますが、脚が長く、多くは黄色で、翅のM1脈が中室から離れたのちに緩やかに湾曲するので、識別できます。

また、双翅類の素晴らしい写真を見せてください。

投稿: Dipterophilus | 2010年7月31日 (土) 00時23分

Dipterophilusさん
詳細な解説をありがとうございます。
双翅類は被写体としては魅力的ですが、私自身が何も知らないので、ブログ記事にしにくいのがつらいところです。

投稿: ハンマー | 2010年7月31日 (土) 22時26分

はじめまして!

僕も偶然キイロアシナガバエを写しまして
Dipterophilusさんからコメントを頂き こちらのブログを拝見いたしました。
どれもこれも 鮮明で凄いですね!
また遊びに来ますので 今後とも宜しくお願い致します♪

投稿: miyu-uni | 2010年8月15日 (日) 20時20分

miyu-uniさん
初めまして、
私も双翅目は分からないことが多くて、
Dipterophilusさんには色々と教えていただいています。
趣味で撮った写真をばらまいているだけのブログですが、
今後もよろしくお願いします。

投稿: ハンマー | 2010年8月15日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/35719443

この記事へのトラックバック一覧です: キイロアシナガバエ属の1種:

« ツバキシギゾウムシ | トップページ | ウスモンオトシブミ »