« コモリグモ科の1種 | トップページ | オナガグモ »

2010年7月21日 (水)

キアシブトコバチの産卵

Kiasibutokobati100719_125528
 キリの葉裏のガの繭に産卵するキアシブトコバチです。動画を撮りましたが、少し位置だったこともあり、ほとんどシルエット状態でしか撮れませんでした。 

 繭の中で蛹はずっと暴れていましたが、ハチは繭を食い破り、穴から産卵管と後肢を中に入れて産卵したようです。後肢を繭の中に入れるのは初めてみました。蛹を押さえる必要があるのでしょうか? 

 産卵管が刺さったと思われる瞬間の蛹の動きが印象的でした。
 (2010年7月19日、兵庫県三田市)

|

« コモリグモ科の1種 | トップページ | オナガグモ »

昆虫」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

とても興味深い映像をありがとうございます。
私も昨年ヒョウモンチョウ類の蛹を飼育していてこの蜂が出てきたので、少しだけ馴染みがあります。
こんなチビっこい蜂の行動をよく野外で撮れますねー!
産卵前に寄主の動きを止めるために麻酔手術したりしないのかな?

投稿: しぐま | 2010年7月24日 (土) 06時11分

しぐまさん、コメントありあがとうございます。
このハチは、こちらではかなり多いようで、産卵シーンも何度か見たことがあります。もちろん、撮れたのは一部だけです。
実は昨年もこのハチの産卵をアップしていて
http://hanmmer.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-777a.html
どうも、暴れる蛹に無理やり産卵するのが、このハチのやり方かなと思っています。

投稿: ハンマー | 2010年7月25日 (日) 06時05分

そ,そのための「足太」だったんですね … 目から鱗

投稿: 虎象 | 2010年8月 9日 (月) 09時54分

虎象さん
あんなに脚が太い必要があるかどうかはしりませんが、産卵のときに後脚を使っているのは事実ですよね。

投稿: ハンマー | 2010年8月 9日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/35831881

この記事へのトラックバック一覧です: キアシブトコバチの産卵:

« コモリグモ科の1種 | トップページ | オナガグモ »