« イチモンジセセリ | トップページ | カイガラムシのオス »

2010年9月 3日 (金)

キンパラナガハシカ (タイトル変更)

Ka100829_132653
  ヒヨドリバナの蕾に長い口吻を差し込んでいたカの1種です。この写真では頭部の一部が青く光っているのが見えますが、光の当たり方で、いろんな場所が青く光を反射するようでした。

Dipterophilusさんからのご教示によりタイトルを
 カの1種 ⇒ キンパラナガハシカ に変更しました。
Dipterophilusさんのコメントもご覧ください。

|

« イチモンジセセリ | トップページ | カイガラムシのオス »

双翅目」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^_^ HS10での作例ということで拝見させていただいてます
#以前ちょっと使ったことがあるF6000fd系統だと思われますが、完成形っぽいですね^_^

これって、近年多い "ヒトスジシマカ" っぽいですね!?
特に夕刻に現れる、喰われると急激に痛痒いこまったの…~_~;

投稿: でらり | 2010年9月 3日 (金) 22時58分

でらり さん
私は、富士フィルムのカメラを使うのはこれが初めてですが、前にも少し書いたので繰り返しませんが、不満な点が多くて、これが完成形だとちょっとつらいような気がします。

ヒトスジシマカのメスは8月8日の記事に、私の血を吸っている奴を出しています。
http://hanmmer.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-2449.html
今回のは明らかにオスですが、白斑の特徴などから別種だと思います。
カ科かどうかすら、私にはよく分かりません。

投稿: ハンマー | 2010年9月 5日 (日) 21時42分

写真のカはキンパラナガハシカTripteroides bambusa (Yamada)の雄でしょう。口吻が著しくながい、美麗な蚊です。聞くところによりますと、この蚊の雌は竹の切り株や樹洞に産卵するそうですが、竹に空いた虫食いの穴から、節間にたまった水の中に、空中から産卵する、ということです。記憶違いならごめんなさい。同定は間違いないと思います。

投稿: Dipterophilus | 2010年9月 7日 (火) 00時31分

Dipterophilus さん
いつもありがとうございます。

キンパラナガハシカということは、昨年出した
http://hanmmer.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/1-b8b4.html 
これも同じ種かもしれません。

投稿: ハンマー | 2010年9月 7日 (火) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/36525443

この記事へのトラックバック一覧です: キンパラナガハシカ (タイトル変更):

« イチモンジセセリ | トップページ | カイガラムシのオス »