« アカコブコブゾウムシ | トップページ | コゲラ »

2011年1月 8日 (土)

タマバチの1種

Tamabati_1_110108_105116
 コナラの冬芽に産卵しているタマバチをみつけました。体長は約3mm。有翅です。
 昨年1月にも、コナラの冬芽に産卵するタマバチを紹介しましたが、そのハチは無翅でした。今回のハチとは別種なのでしょうね。
 形成される虫こぶが判れば、ハチの同定もできるはずです。しかし、私は、タマバチがコナラやアラカシに産卵するの何度も観察し、そのたびに継続的に観察しましたが、一度も虫こぶらしきものが形成されたことがありません。理由はよくわかりませんが、失敗率100%です。今回も、もちろん観察します。虫こぶが形成されたら嬉しいのですが・・・

Tamabati_2_110108_105219
 ちょっとアップ。
 (2011年1月8日、兵庫県三田市有馬富士公園)

|

« アカコブコブゾウムシ | トップページ | コゲラ »

昆虫」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

虫こぶは、幼虫が寄生しその影響で起こる植物ホルモンの異常で形成されるので、
多分、上手く幼虫がそだたなかぅたのでしょうか?
よくわかりませんが…。

投稿: oikawa | 2011年1月 9日 (日) 07時06分

oikawa さん
私も幼虫が育たなかったのだと思いますが、
何しろ失敗率が高いので、
私が撮影することが、産卵に悪影響を与えているのかもしれないという気もしています。

投稿: ハンマー | 2011年1月 9日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/38392073

この記事へのトラックバック一覧です: タマバチの1種:

« アカコブコブゾウムシ | トップページ | コゲラ »