« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月16日 (日)

ナラメリンゴタマバチ、翌日、追記(1/23)

Tamabati_1_110116_101934
 昨日、ナラメリンゴタマバチ4個体の産卵を観察したことを書きました。今日、同じ場所に行ってみると、昨日産卵が見られた4本の枝の内、2本にまだタマバエが見られました。昨日と同じ個体であるという証拠はありませんが、同一個体だと思います。

 写真は残っていた2個体の内の1個体です。左が昨日、右が今日撮った写真です。同じアングルで撮った写真はなかったのですが、同じ枝先であることはわかると思います。しかし、産卵している冬芽は異なっています。移動しながら産卵するのか、別の個体なのか。正確なところはよくわかりません。

Tamabati_2__110116_101152
 これは、もう1個体の写真です。左が昨日、右が今日の写真です。こちらはほとんど動いていないようです。姿勢や脚の位置も同じに見えます。これは同一個体と見なしても、間違いないと思います。産卵には相当な時間をかけるようです。それにしても、今日の三田の最低気温は氷点下5.3℃。この寒い中、一晩中動かずに産卵を続けているというのは驚異ですね。辛抱強いにも程がある。
 (2011年1月15、16日、兵庫県三田市、有馬富士公園)

1/23追記
 1月22日に同じ場所に行ってみましたが、タマバチは全く見られませんでした。少なくとも、この場所に関しては、産卵期が終了した可能性があると思います。
 虫こぶハンドブックには、単性世代の成虫は12月に(ナラ類の根に形成されるナラネタマフシから)脱出 すると記載されてます。それで、昨年11月末からほぼ毎週この場所を訪れていました。
 結局、産卵がみられたのは先週。多分、見落としはないはずですので、この場所での単性世代成虫は1月中旬の1週間程度の間に産卵すると考えていいように思います。

5月5日に関連記事あり 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

ナラメリンゴタマバチ

Tamabati_1_110115_105651
 1月8日の記事に続いて、コナラの冬芽に産卵するタマバチです。無翅で体長は4mm程度。

 今回はあえてナラメリンコタマバチと断定してしまいます。 実はこの写真を撮ったコナラの木には、下の写真のように毎年ナラメリンゴタマフシがたくさん形成されるので、数年前から注目していました。このコナラの冬芽に産卵するのならナラメリンゴタマバチに違いないと思います。今日は写真の個体を含めて4個体のタマバチが産卵しているのを確認しました。

 もし、別の虫こぶが形成されたら、その時に訂正します。
 このタマバチは昨年1月に撮った写真とよく似ているように思います。同種だったかもしれません。

Tamabati_2_110115_110118
 上からの写真です。
 (以上、2011年1月15日、兵庫県三田市、有馬富士公園)

Rinngo_090501248
 上のタマバチを撮影したコナラには毎年、たくさんのナラメリンゴフシが形成されます。
 ( 2009年5月1日)
 5月5日に関連記事あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

コゲラ

Kogera_1_110109_124145
 コゲラがアカマツの幹で餌を捜していました。コゲラは比較的ヒトを恐れない鳥だという印象がありますが、この個体は特に大胆で、私の存在をほとんど気にしない様子でした。
 ハイスピード動画(240fps)も撮ってみました。冗長な動画ですが、可愛いです。
 (2011年1月9日、兵庫県加東市、やしろの森公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

タマバチの1種

Tamabati_1_110108_105116
 コナラの冬芽に産卵しているタマバチをみつけました。体長は約3mm。有翅です。
 昨年1月にも、コナラの冬芽に産卵するタマバチを紹介しましたが、そのハチは無翅でした。今回のハチとは別種なのでしょうね。
 形成される虫こぶが判れば、ハチの同定もできるはずです。しかし、私は、タマバチがコナラやアラカシに産卵するの何度も観察し、そのたびに継続的に観察しましたが、一度も虫こぶらしきものが形成されたことがありません。理由はよくわかりませんが、失敗率100%です。今回も、もちろん観察します。虫こぶが形成されたら嬉しいのですが・・・

Tamabati_2_110108_105219
 ちょっとアップ。
 (2011年1月8日、兵庫県三田市有馬富士公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

アカコブコブゾウムシ

Akakobukobu_dscf3715
 コナラの葉の付け根に頭を突っ込んで越冬していたゾウムシです。多分、アカコブコブゾウムシ。残念ながら顔を見せてもらえませんでした。
 もう、こういうのしか見つかりません。
 (2011年1月3日、兵庫県三田市中央公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

クヌギエダイガタマバチ、追記

,

Kunugiedaiga_1_110104_104432
 写真は若いアベマキの株に形成されたクヌギエダイガフシです。判りにくいと思いますが、中央付近に1匹のハチが止まっています。
 虫こぶハンドブック には、クヌギエダイガフシはクヌギエダイガタマバチの単性世代の虫こぶで、秋おそくに成虫が脱出し、産卵すると書かれていたので、写真の虫こぶを昨年の11月頃からずっと観察していました。
 今日になってやっと成虫を確認することができました。1月4日は普通、「秋おそく」とは言わないですよね。毎年この時期に羽化するかどうかは、2、3年続けて観察して確認してみます。

 追記日本原色虫えい図鑑 には、このハチは9月に蛹化、10月に羽化して晩秋から翌春にかけて虫えいから脱出すると書かれていました。これだと合います。また、この図鑑によると、この虫こぶが形成されるのはクヌギに限るとのこと。だとすると、私がアベマキだと思っていたこの木は、実はクヌギだということになります。又は、虫こぶが別物ということかもしれません。確認する必要がありそうです。(2011年1月10日)

Kunuguedaiga_2_110104_105403
 たまたま、虫こぶから脱出してくるところも、見ることができました。さすがにこれはクヌギエダイガタマバチで間違いないと思います。この2匹を含めて3匹の成虫が見られました。体長は5mm強、今まで見たタマバチの中では最大です。

Kunuguedaiga_3_110104_111449
 ハチは、脱出2、30分後には枝に移動しましたが、日向ぼっこしながら身づくろいに余念がなく、かなり粘って眺めていましたが、産卵を見ることはできませんでした。
 羽の斑紋が特徴的でした。
 (2011年1月4日、兵庫県三田市有馬富士公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

コミミズクの幼虫

Komimi_1_110102_120621
アラカシの枝にコミミズクの幼虫をみつけたので、周囲を捜してみるとたくさん隠れていました。上手く隠れているものも、そうはいえないものもいるようですね。左下の枝には2匹付いています。

Komimi_2_110102_115735
 上の写真とは別個体ですが、アップも1枚出しておきます。
 (2011年1月2日、兵庫県三田市中央公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

ナシミドリオオアブラムシ

Nasimidori_1_110101_122120
 明けましておめでとうございます。
 年末の慌しさにかまけて更新をサボっていたら、年が変わっていました。
 お正月らしい写真もないので、昨日撮ったナシミドリオオアブラムシを出しておきます。

 このアブラムシは数年前にかなり撮影したのですが、その後みつからなくなっていました。昨日、久しぶりにシャリンバイの葉裏を見ると、いつの間にやら復活していました。
 写真のように成虫は葉の主脈に沿って小集団を作り、その横に卵が産み付けられています。

Nasimidori_2_110101_122209
 成虫の集団です。

Nasimidori_3_110101_122334
 アップです。

Nasimidori_4_110101_122725
 前から。
 しっかりと口吻を葉に差し込んでします。まだ元気なようですが、いずれは口吻を差し込んだまま死んで、死体は春までその場に残ります。
 以前撮った時にも思いましたが、このアブラムシは緑バックに淡い緑の体でフォーカスが大変に難しい。
 (2011年1月1日、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »