« トラフシジミの産卵 | トップページ | ルリチュウレンジの産卵 »

2011年5月11日 (水)

チョッキリの揺籃に産卵する寄生蜂

110504_082946
 アラカシの新梢に作られたコナライクビチョッキリと思われるチョッキリの揺籃に寄生蜂が来て、産卵していました。
 まだ、チョッキリが休んでいるような、できたての揺籃です。
 ハチは揺籃の上を歩き回りながら、何度も産卵管を突き立てていましたが、実際に産卵したかどうかはよくわかりません。こういう小型の揺籃の場合、産卵数は1個だと思っていたのですが、複数の卵が産み付けられているのかもしれません。

 5/12追記:ここに2-3卵を産み付けると書いてありました。

_2_110504_085552
 とにかく風が強くて、まともな写真はほとんど撮れませんでした。
 ハチはヒメバチだと思いますが、違っているかもしれません。
 (2011年5月4日、兵庫県三田市)

|

« トラフシジミの産卵 | トップページ | ルリチュウレンジの産卵 »

昆虫」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、おじゃまします。イタヤハマキチョッキリの生態に関する古記録を眺めつつ検索したら、このブログに行きあたりました。
オトシブミ科には、ヒメバチ科・コマユバチ科、ともに寄生するようです。コマユバチ科では、オトシブミコマユバチBracon apoderi Watanabe,1933 とチョッキリコマユバチEubazus ruficoxis(旧名Calyptus byctisci Watanabe,1933) の記録があります。 渡辺恭平さんのサイト「Parasitoid wasps」に関連種の画像が載っていて、成虫の姿は前者とは全く違い、後者に近いように見えます。それぞれマユの形成場所が違い、前者は揺籃中で、後者は浅い土中のようです。

投稿: ezo-aphid | 2012年8月 8日 (水) 13時20分

ezo-aphid さん
情報をありがとうございます。
渡辺恭平さんのサイトを見ましたが、確かに似ているように見えます。
この時に撮影した他の写真も参照しましたが、ろくな写真がなくて参考になりませんでした。

投稿: ハンマー | 2012年8月11日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/39944131

この記事へのトラックバック一覧です: チョッキリの揺籃に産卵する寄生蜂:

« トラフシジミの産卵 | トップページ | ルリチュウレンジの産卵 »