« ニホントカゲを捕らえたナガコガネ | トップページ | クビオレアリタケ(8月6日) »

2011年8月 8日 (月)

ナミギセル?の交尾

Kiseru_1_110806_093204
 キセルガイの1種と思われるカタツムリが交尾していました。ナミギセルでよいかどうかはよくわかりません。

Kiseru_2_110806_093518
 アップです。殻にコケの付いた方の個体の茶色い軟体部から出ている白い管状のものが生殖器だと思いますが、よくは分かりませんでした。

 

ナメクジの交尾は何度か見たことがありますが、カタツムリの交尾はこれが初めてでした。
 (2011年8月6日、兵庫県三田市)

|

« ニホントカゲを捕らえたナガコガネ | トップページ | クビオレアリタケ(8月6日) »

昆虫以外」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。始めまして。
ある生物を探していたところ、こちらの頁に辿り着きました。
知りたい生物の正体がなかなか分からず、
もしご存知でしたら気が向いた時にでも教えて頂きたいと思いまして、
書き込み致します。お返事無くとも結構です。

それは「木の穴に住む、白色の軟体の生物」についてです。
30年以上前の事ですが、東京多摩地域のある林での話です。
クワガタ採りに何度も入っている林でいつもターゲットとしている穴の空いている木があり、
ある日林の入り口から見える30mほど(記憶のおおよその距離感です)先にある一本の木を見たところ、
違和感を感じました。
入り口に向いている木の穴が、何か白いモノで塞がっていたのです。
見た限りのっぺりして模様も何もない、紙粘土を穴に入れた感じでした。
気になって一歩林に入ると、その白いモノはとても素早く穴の奥に吸い込まれました。
まるで私が近寄った事を察知している動きでした。
そしてその穴に近寄って見たのですが、奥に向かって巻貝の様に曲がっており中の状況が分かりませんでした。細い木を突っ込んでも反応はありませんでした。
それ以来その白い軟体生物には遭遇していません。

以上の情報・様子から想定できる生物はご存知でしょうか?

因みに、子供の頃見た不思議な生物は2つあったのですが、一つはコウガイビル(ただし模様が無く綺麗なレモン色で検索ではお目にかかっていない)と判明し、もう一つは前述の未確認生物です。
では、失礼いたします。

投稿: どらえ | 2013年6月17日 (月) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/41135090

この記事へのトラックバック一覧です: ナミギセル?の交尾:

« ニホントカゲを捕らえたナガコガネ | トップページ | クビオレアリタケ(8月6日) »