« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

マツホソオオアブラムシ

Matuhoso_1_120122_100325
 霧の朝、体中に水滴を付けたマツホソオオアブラムシが松葉の上をあるいていました。12月には産卵しているのを見ましたが、まだ元気な成虫がのこっています。

Matuhoso_2_120122_102730
 オスもみつかりました。

 一昨年の12月にこのアブラムシの交尾を紹介した際、 ezo-aphidさんから有翅-褐色や無翅-緑色のオスがいるかどうかという質問を受けて、注意していました。しかし、その後、雌雄に係わらず褐色の個体を見ることがありません。どういうことだろう。
 (2012年1月22日、兵庫県加東市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

セモンジンガサハムシ

Semonn120122_120408
 サカキの葉裏にいたセモンジンガサハムシです。一冬に2、3回は見つかりますが、虫の少ない季節、金色のこの虫がいるとハッとします。
 ジンガサハムシ類でこうして葉裏で越冬しているのを見たことがあるのはこの種だけです。他の種は樹皮下や朽木などの、もっと見つかりにくい場所に隠れているのでしょう。
 (2012年1月22日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

ギョウザ

Gyouza120121_162851
 この写真はギョウザです。
 ギョウザという虫ではなく、ギョウザに擬態している虫が入っているわけでもなく、単なるギョウザです。

 このブログにきて下さっている方にはお分かりと思いますが、私は休日毎に朝から出かけて、役に立たない虫の写真を撮っています。それで、私を家庭を顧みないひどい奴だと思っている方がいらっしゃるかもしれません。しかし、それは間違いです。土日の買い物と夕食の準備は私が担当しています。ほとんど鍋とか、簡単なものですが、天候のために外出できない日や、今日のように雨が降ってきて早めに切り上げた日には、ちょっと手間のかかるものも作ります。
 今日は餃子を作りました。200個作り、半分以上は冷凍します。家族には結構、好評です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カモドキサシガメの1種の幼虫

Kamodoki_1_120109_102952

 エノキの樹皮で越冬しているカモドキサシガメの幼虫です。多分Empicoris egregius です。冬になるとどこからか樹皮の割れ目などに集まってきて、集団で越冬する姿がみられます。 この虫が確実に見られる木を3本見つけていましたが、この木以外の2本では見られなくなってしまいました。こうして集団越冬している姿を見るとほっとします。

Kamodoki_2_120109_101929
ちょっとアップ。

Kamodoki_3_120109_102926
この木にはもう1種のカモドキサシガメEmpicoris spectabilis がいて、こちらは、単独で越冬します。この種は他の場所で見たことがありません。
 (2012年1月9日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月20日 (金)

クビオレアリタケ

Kubiore_1_120115_101413
 過去に何度も紹介したクビオレアリタケですが、10個程度がまとまって見られる場所を新たにみつけたので、また出します。

Kubiore_2_120115_101757

 

 これはクリの枯葉に付いていた例です。初めて見ました。この虫草が成熟して子のう果を形成するのは6月ですから、この個体は落ちてしまうものと思われます。もっとも、枯葉でなくても、この虫草は細い枯れ枝に付くことが多く、半分は成熟する前に落ちてしまうように見えます。

Kubiore_3_120115_102021
 2個体が重なっていた例。これも初めて見ました。
 (2012年1月15日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

ホオジロアシナガゾウムシ

Hoojiro120114_094552
 アカマツの葉の根元にしがみついて越冬していたホオジロアシナガゾウムシです。全く寒さを緩和できそうにない場所でしたが、大丈夫なのですかね。
(2012年1月14日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ナラメリンゴタマバチ

120115_112107
 コナラの冬芽に産卵するナラメリンゴタマバチが見られました。かなり高い位置に1匹いただけなので、 写真はこれ一枚にしておきます。
 (2012年1月17日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ミドリヒメカゲロウ

_1_120115_091803
 ソヨゴの葉裏でエゾアシナガグモ?と一緒に越冬していたミドリヒメカゲロウ Notiobiella subolivacea です。和名は北隆館の大図鑑ではミドリコバネヒメカゲロウになっています。九大のデータベースでは和名なしです。

_2_120115_092037
 アップ。

_3_120115_092155
 顔のアップ。
 (2012年1月15日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラカシの冬芽に産卵するタマバチの1種

Tamabati120114_110515
 アラカシの冬芽に産卵していたタマバチの1種です。翅がヨレヨレになっているのが分かると思いますが、実はこの状態で死んでいました。同じように、産卵管をアラカシの芽に差し込んだまま死んでいるのが5個体みつかりました。12月末から1月初旬に産卵していたと思われます。 

3月にアラカシの芽に産卵するタマバチを過去に紹介しましたが、これはさすがに別種だろうと思います。来年はこの時期のアラカシにも注意したいと思います。
 (2012年1月14日、兵庫県篠山市)

タイトルがタマバエになっていました。シグマさんに教えていただき、訂正しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

ヤママユガ科の卵

Tamago120109_105354
 コナラの枝先で見つけた卵です。ヤママユガ科のものと思いますがが、通常はせいぜい数個ずつ産み付けられていると思います。どんな事情があってこんな産み方をしたのでしょうか?
 (2012年1月9日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月10日 (火)

ナラメイガタマバチ

Narameiga120109_113817
 タマバチの産卵が見られる季節になりました。
 写真はコナラの冬芽に産卵するタマバチです。これは昨年もアップしましたが、多分ナラメイガタマバチ Andricus mukaigawae の単性世代だろうというコメントをいただいています。
 無翅のナラメリンゴタマバチはまだ見られませんでした。
 (2012年1月9日、兵庫県三田市)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

クロスジフユエダシャク?

120107_103505
 季節物を1枚。コナラの枝にとまっていたフユシャクのメスです。
 こういうのは全然分からないのですが、一寸野虫さんのフユシャク図鑑との絵合わせではクロスジフユエダシャクが似ているように思います。
 (2012年1月7日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

シロコナカゲロウの幼虫

Sirokona120103_122457
 別種のコナカゲロウ科の幼虫の写真は先日出したばかりですが、今度はサカキの葉裏にいたコナカゲロウの幼虫です。
 日本産幼虫図鑑に全く同じ写真が出ていたので、シロコナカゲロウの幼虫ということで間違いないと思います。案外足が速くて、少し目を離している間に見失ってしまいました。
 (2012年1月3日、兵庫県三田市)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

ヤマトシミ?

Simi_1_120102_200206

 昨日は妻の実家で昼間から酔っ払っていましたが、壁を歩いていたシミを撮ってみました。ヤマトシミかどうかはよくわかりません。
 まあ、酔っ払いが撮った写真としては上出来ということにしておいて下さい。

Simi_2_120102_200502
 顔のアップです。
 (2012年1月2日、大阪府豊中市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

マダラアラゲサルハムシ?(タイトル変更)

Zou_1_p1050720
 明けましておめでとうございます。
 例年通り、冬の間は更新が滞っていますが、今年もよろしくお願いします。
 休日毎に外を歩いていますが、人に見せようと思うような写真が撮れません。

 写真は落ち葉の下にいた体長4mmくらいの甲虫です。ヒゲナガゾウムシ科ではないかと思いますがよくわかりません。
 Aclerisさんから マダラアラゲサルハムシではないかとコメントを頂きましたので、タイトルを変更しました。

Zou_2_p1050728
 正面からアップ。
 (2011年12月30日、兵庫県三田市)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »