« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

ハラナガハムシドロバチ、クルミハムシ

Kurumi1_120526_103243
 以前にお腹の大きなクルミハムシの写真を撮ったサワグルミの木ではたくさんのクルミハムシの幼虫が発生し、ほとんどが終齢で、写真のように蛹化しようとしているものも多く見られました。

Hamusi2_120526_103017

 このサワグルミには、ハムシドロバチ(多分ハラナガ)が飛来してクルミハムシを物色していました。しかし、何が気に入らないのか、かなり粘って観察したのですが、狩りのシーンを見ることはできませんでした。
 

 以前に、といっても相当以前ですが、ハラナガハムシドロバチがクルミハムシの幼虫を狩るシーンに出会ったときは、ハチが次々にハムシの幼虫を狩って、非常に楽しかったのですが、あれは特殊な状況だったのでしょうか?
 (2012年5月26日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

ホソチャタテ

Hosochatate120526_105441

 チャタテムシがシラカシの葉裏で卵塊に糸をかけていました。
 多分ホソチャタテだと思います。

 チャタテムシの産卵は冬季にした見たことがなく、こんな季節に見たのは初めてです。理由は明らかで、虫の少ない冬季には常緑樹の葉裏が主な観察場所になりますが、春以降、他に見る虫が増えてくると、葉裏を見る頻度が減るからだと思われます。

 産卵や糸かけは写真の個体しかみませんでしたが、お腹のおおきなホソチャタテはたくさんみかけたので、今が産卵の盛期なのかもしれません。とすると、チャタテムシの卵を食うタマバエの幼虫が見つかるかもしれませんので、葉裏覗きにも少し時間を割いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

カモドキサシガメの1種

Kamodoki1_120526_133859

 カモドキサシガメの幼虫がクモの網の上にいることがよくあると、以前にかいたことがあります。上の写真はカモドキサシガメの1種(多分 Empicoris egregius )の成虫がアカマツの幹にあったクモの網の上にいるのを撮ったものです。クモの網に絡まっているのではなく、自主的にそこにいるようです。

 やはり、何らかの形でクモの網を利用しているような気がします。まあ、気がするだけで、証拠は何もありません。

Kamodoki2_120526_133747

 ちょっとアップ。
 (2012年5月26日、兵庫県加東市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

ムモンホソアシナガバチ

Mumonnhoso120520_121014
 ムモンホソアシナガバチと思われるアシナガバチがヨモギの葉裏でゴソゴソやっていたので、見ているとどうも白い毛を集めているらしい。写真では良くわからないと思いますが、下の動画ではヨモギの葉裏の白い毛を集めているのがなんとか分かるでしょうか?オリジナルサイズの動画では一目瞭然なのですが・・・。もう少し上手く編集できれば、それをアップしたいと思いますが・・・

 ヨモギの毛といえば、いわずと知れたもぐさの原料ですが、アシナガバチがお灸をするわけもなく、当然、巣材として使うと思われます。このようなものを巣材として利用していることを初めて知りました。
 (2012年5月20日、兵庫県篠山市)
9月1日再編集した動画を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年5月23日 (水)

ヒシモンナガタマムシ

_1_120519_115048

 エノキの葉で交尾していたヒシモンナガタマムシです。このエノキにはヤマトタマムシも集まるので注目しています。

 強風と逆光で、こんな写真がやっとでした。

_2_120519_115545

 横から。
 (2012年5月19日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

タマバチの1種(シラカシの葉柄に産卵)

Tamabati120520_090223

 シラカシの葉柄に産卵していたタマバチです。以前紹介したツト状のゴールが発生しているシラカシで見つけましたが、このゴールと関連があるかどうかはわかりません。
 今までに見たタマバチの中でも小さくて、体長は2mmを少し下回ると思います。
 (2012年5月20日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ファウストハマチチョッキリ

_1_120512_121534

 ウリカエデの葉の上でファウストハマチチョッキリがじっとしていました。手前にぶら下がっている5個の揺籃は彼女の作品でしょうから、休憩中ということでしょうか。

_2_120512_121738

 お疲れ様。
 (2012年5月12日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

ダイミョウセセリ

_1_120513_134631_0

 この公園では初めて見たダイミョウセセリです。ここにはいないと思っていたので意外でした。

_2_120513_135013_0
 横から。

120513_134802_0

 前から。
(2012年5月13日、兵庫県加東市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

オオワラジカイガラムシ、トビイロケアリ

Oowaraji120512_094223
 オオワラジカイガラムシの分泌する甘露を集めていたトビイロケアリ(多分)です。

Oowaraji_2_120512_094233

 甘露を受け取って、しばらくの間、写真のように口先にぶら下げていましたが、

Oowaraji_3_120512_094340

 ボケブレの上、変なフレーミングですみません。
 アリは甘露を放棄して、カイガラムシから離れていきました。どうやら、キャパシティーを超えてしまったようです。2枚目の写真の状態でいた時間の長さが、彼女の甘露への執着と未練を表わしているようで、ちょっと笑えました。
(2012年5月12日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

コマユバチヤドリアシブトコバチ ?(タイトル変更、写真追加)

Asibuto_1_120513_130333_0

 コナラの枝先についた蛾の幼虫の死体にアシブトコバチが産卵に来ていました。
 蛾の幼虫は多分、オオトビモンシャチホコだと思います。コナラやカシ類に多数の幼虫が群れているのを良く見ます。また、写真のように集団で死んでいる様子も普通に見かけます。
 いくつかの死体を切り開いてみたところ、中にはうじ虫が入っていました。死体1個に入っているうじ虫は1匹です。おそらくハエの幼虫だと思います。幼虫の死体の殻は非常に硬くて、切り開くときに中の幼虫を潰してしまったので、写真はやめておきます。

Asibuto_2_120513_130650_0

 アシブトコバチのアップです。黄色い部分はありますが、キアシブトコバチとは黄色の入るパターンがちがっているようです。北隆館の昆虫大図鑑IIIにはハエヤドリアシブトコバチ(Brachymeria minuta)というのが掲載されていて、この学名で検索して出てくる画像は、上の写真と概ね一致しているように見えます。
 また、大図鑑は、「ニクバエ科、クロバエ科などの幼虫に寄生し、時に2次寄生する」と記載されているので、生態も合うように思います。が、自信はないので、アシブトコバチの1種ということにしておきます。

Asibuto_3_120513_131551_0

 幼虫の頭の部分に産卵している個体もいました。
 (2012年5月13日、兵庫県加東市)

(5/16追記) ezo-aphidさんから、シャチホコガの幼虫に寄生したのはRogas属のコマユバチで、アシブトコバチはコマユバチヤドリアシブトコバチ Brachymeria secundaria の可能性が高いとのコメントを戴き、タイトルを変更しました。詳細はコメント欄をご覧ください。
また、下に2枚の写真を追加します。

Asibuto120513_130622_0
背面からの写真です。複眼の大きさ、小盾板の形に注目してください。

120516_072142c

 いくつか持ち帰ったマミーの内の1つの殻を切り取ってみました。写真のように大きな幼虫が入っていましたが、黒く変色した部分があって、死んでいるかどうかは良く分かりませんでしたが、少なくとも健康な状態でないことは確実でした。また、矢印の部分に小さな謎の幼虫がいました。アシブトコバチは内部寄生のはずなので、別の寄生性昆虫の幼虫だろうと思います。持ち帰ったマミーから、何が羽化してくるか楽しみです。上手くいけばいいのですが・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

カラスアゲハ

Karasu120513_110520

 たまたまポーズをとってくれたのので、撮ってみました。
 
 (2012年5月13日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

コマダラウスバカゲロウの繭

Komadaramayu120512_121015

 今年作られたとしか思えないコマダラウスバカゲロウの繭がみつかりました。
 過去に繭を見たのは6月以降に限られていたので、この虫が繭を作るのは6月だと思い込んでいましたが、間違えていたようです。
 まいったな、つい先日、おちゃたてむしさんのブログに、この虫が繭を作るのは6月とコメントしたばかりです。訂正しておかねば。
 (2012年5月12日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

クルミハムシの交尾

Kurumihamusi120505_115308_0

 何度見ても、このメスの腹はすごいです。何個の卵が入っているのだろう?

(2012年5月5日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

キコシホソハバチ

Kikosihosohabati_1_120430_121125

 腹部の色彩が印象的な、きれいなハバチでした。

Kikosihosohabati_2_120430_121219

 帰宅後調べてみると、幼虫の食草はハコベ類とのこと。とすると、この写真は産卵シーンかもしれません。知ってればもう少し慎重に撮ったのにと、残念です。
 (2012年4月30日、兵庫県加東市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

クロタマゾウムシ

Kurotama120430_132916

 キリの新葉にいたクロタマゾウムシです。キリの害虫ですが、愛嬌があって、かわいいゾウムシですね。それにしても、キリの葉の毛は凄い。
 (2012年4月30日、兵庫県加東市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

ヤマコウバシグンバイ

Gunnbai_1_120506_145420

 ヤマコウバシの葉裏にいたグンバイムシです。
 グンバイムシ写真集でざっと見たところ、ワタナベグンバイStephanitis watanabei が似ていると思ったので、検索してみると、こんな記事がみつかりました。
 ということで、これはヤマコウバシグンバイS. ambigua に違いないだろうと思います。

Gunnbai_2_120506_145026

 交尾しているペアもみられました。
 (2012年5月6日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

クロハネシロヒゲナガ

_1_120505_101502_0

 4月の中旬以降に飛び回っているのをよく見るヒゲナガガです。絵合わせ的にはクロハネシロヒゲナガだと思います。
 密集した群れを作る訳ではありませんが、草原的な場所で広い範囲を相当な数の個体が飛び回っていました。(2012年5月5日、兵庫県篠山市)

_2_120504_120608

 時折、追尾したり、
 (2012年5月4日、兵庫県三田市)

_3_120505_095159_2

 とまっている個体にちょっかいを出したりする様子も見られました。

 上に三田市で撮った写真と篠山市で撮った写真を出しましたが、ちょっとした草原があれば、どこでも見られる光景のようです。
 (2012年5月5日、兵庫県篠山市)

120504_122236

 飛んでるのはほとんどがオスで、当然、メスを捜しているのだと思います。
 (2012年5月4日、兵庫県三田市)

120505_103704_2

 これはメスだと思います。メスの姿もたまに見られましたが、交尾の様子を見ることはできませんでした。
 (2012年5月5日、兵庫県篠山市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ミヤマシギゾウムシ

Miyamasigizou_1_120429_121937_0

 ナラメニンゴタマバチの単性世代がコナラなどの冬芽に産卵して形成される、ナラメリンゴフシに産卵するミヤマシギゾウムシを今年も見ることができました。私にとっては春の連休のイベントのひとつです。

Miyamasigizou_2_120429_122903_0

 何度も口吻をゴールに差し込んでいましたが、何が気に入らないのか産卵する様子を見ることはできませんでした。

Miyamasigizou_3_120429_122117_0

 このコナラには、数個体のシギゾウが来ていましたが、その内の1匹は写真のようにゴールが形成されていない芽に執着していました。正常な芽なら、今の時点では葉を展開しているはずなので、この芽はタマバチに産卵されたものの、ゴールが形成されなかった芽なのかもしれません。 シギゾウは何を手がかりに産卵すべき場所を認識しているのでしょうね。単に餌として食っているだけかもしれませんが・・・。
 (2012年4月29日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

コアオハナムグリ

Koao_1_120503_124102_0

 ヤマボウシの花にコアオハナムグリが群れていました。この花のどこがそんなにきにいったのか、相当な数の個体が集まっていました。

Koao_2_120503_124131_2

 ちょっとアップ。
 普通、甲虫類の飛翔を撮るのは難しいものですが、これなら誰でも撮れますね。シャッタースピードは1/2000ですが、翅の動きはとませんでした。

  こういう群れの個体数の多さは、写真では伝わりにくいので、動画をアップしておきます。単に、個体数の多さを示すだけの、しょぼい動画です。
 (2012年5月3日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

アオマダラタマムシ

Aomadara120501_092218

 立ち枯れのイヌツゲにアオマダラタマムシが来ていました。2007年までは、このイヌツゲには10匹を超えるアオマダラタマムシが集まって、交尾や産卵していたのですが、その後木の朽ち方が進みすぎたのか、このタマムシが来ることがなくなりました。ここで見るのは久しぶりです。
 ところで、このイヌツゲは遊歩道のわきにあって、立ち枯れにまま放置すると危険なので伐採されてしまったのですが、根元から切るのではなく、幹を1mほど残して切られています。朽木に来る虫の観察のためにこういう切り方をしたのかどうかは知りませんが、私にとっては大変ありがたいことです。
 公園内のコナラやエノキの大木が立ち枯れた時、大きな枝などが落下する危険性があり放置することはできないでしょうが、このイヌツゲのように、ある程度の長さの幹を残してもらえないものでしょうかね。ぜひ、検討してもらいたいものです。
(2012年5月1日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

キバネオオヒラオオドリバエ(キバネオドリバエ)

_1_120429_145010_0

 オドリバエの交尾が目に付きます。
 この種は、オスがメスに餌を与えて、メスがその餌を食べている間に交尾するという、求愛給餌と呼ばれる習性を持つ種であるため、交尾の姿は写真のようになります。上からオス、メス、餌(求愛餌)。黒い求愛餌はケバエの1種です。

_2_120501_114408_4

 この種はケバエを抱えたオスが群れを作り、メスの飛来を待ちます。毎年、ケバエを抱えて飛ぶ姿を撮りたくて、オスの群飛を捜しますが、今年は多いような気がします。上の写真の群れは100近い個体が集まっていたと思います。こんな大きな群れを見たのは数年ぶりだと思います。今年は多分、当たり年です。

 オドリバエの群飛はある程度捜さないとみつかりませんが、大型のケバエの方はいたるところで群飛しています。全てが同じ種かどうかは良く分かりませんが、ケバエの方も多分当たり年です。というか、ケバエが多いから、オドリバエも目に付くのかもしれません。

_3_120501_110935_3

 飛翔中のオスのアップです。トリミングして無理やり大きくしているので、画質はご覧の通りです。ことしはたくさんみつかりましたが、全てかなり高い木の上で群れを作っていたので、こんな写真しか撮れませんでした。低い位置で群れている場所を探すのですが、なかなかみつかりません。
 (2012年5月1日、兵庫県三田市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ギフチョウ

120501_103113_0

 私の歩くコースにギフチョウが出てくることは滅多にありませんが、今日は久しぶりにこのチョウに出会いました。多分2年ぶりです。
 (2012年5月1日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »