« ギフチョウ | トップページ | アオマダラタマムシ »

2012年5月 2日 (水)

キバネオオヒラオオドリバエ(キバネオドリバエ)

_1_120429_145010_0

 オドリバエの交尾が目に付きます。
 この種は、オスがメスに餌を与えて、メスがその餌を食べている間に交尾するという、求愛給餌と呼ばれる習性を持つ種であるため、交尾の姿は写真のようになります。上からオス、メス、餌(求愛餌)。黒い求愛餌はケバエの1種です。

_2_120501_114408_4

 この種はケバエを抱えたオスが群れを作り、メスの飛来を待ちます。毎年、ケバエを抱えて飛ぶ姿を撮りたくて、オスの群飛を捜しますが、今年は多いような気がします。上の写真の群れは100近い個体が集まっていたと思います。こんな大きな群れを見たのは数年ぶりだと思います。今年は多分、当たり年です。

 オドリバエの群飛はある程度捜さないとみつかりませんが、大型のケバエの方はいたるところで群飛しています。全てが同じ種かどうかは良く分かりませんが、ケバエの方も多分当たり年です。というか、ケバエが多いから、オドリバエも目に付くのかもしれません。

_3_120501_110935_3

 飛翔中のオスのアップです。トリミングして無理やり大きくしているので、画質はご覧の通りです。ことしはたくさんみつかりましたが、全てかなり高い木の上で群れを作っていたので、こんな写真しか撮れませんでした。低い位置で群れている場所を探すのですが、なかなかみつかりません。
 (2012年5月1日、兵庫県三田市)

|

« ギフチョウ | トップページ | アオマダラタマムシ »

コメント

はじめまして。
東京に住むものですが、ベランダにこの虫が大量発生して検索したらこのページに来ました
群れで行動するんですね
参考になりました

投稿: | 2012年5月 3日 (木) 22時53分

コメントありがとうございます。
写真の虫は1cmを超える大きさです。
今の時期にベランダで発生するとすると、クロキノコバエ科あたりがあやしいですね。

投稿: ハンマー | 2012年5月 4日 (金) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/45111290

この記事へのトラックバック一覧です: キバネオオヒラオオドリバエ(キバネオドリバエ):

« ギフチョウ | トップページ | アオマダラタマムシ »