« カメノコテントウの幼虫 | トップページ | クロフハネナガウンカ? »

2012年6月13日 (水)

虫こぶをかじるヤナギハムシ

Yanagi120609_102805

 シダレヤナギハオオコブフシと思われる虫こぶをヤナギハムシがかじっていました。食痕のある虫こぶがほかにも見られたので、案外、ヤナギハムシはこの虫こぶを好んで食うのかもしれません。
 この虫こぶがどうかは知りませんが、多くの虫こぶではタンニンなどの含量が増加するそうです。これには他の虫などに食われることを防止する効果があると想像されます。しかし、虫こぶを好んで食う虫も、多分いるのだと思います。
 (2012年6月9日、兵庫県三田市)

|

« カメノコテントウの幼虫 | トップページ | クロフハネナガウンカ? »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

先日、カワラヒワが地面に大量に落ちているエノキハトガリタマフシをしきりにつついていました。残っていたのは、割られたエノキハトガリタマフシ。
ある程度育った、エノキトガリタマバエの幼虫が入っているのを知っているのかと、驚きました。虫こぶ(フシ)を狙っているものは多くいるのでしょうね。

投稿: yamasanae | 2012年6月13日 (水) 08時32分

虫こぶも面白いですね。
私も最近、カワラヒワがケヤキの樹上で葉に出来たケヤキハフクロフシを啄んでいるのを観察しました。
カワラヒワの食性はてっきり植物の種だと思っていたので、少し驚きました。

投稿: しぐま | 2012年6月13日 (水) 21時03分

yamasanaeさん、しぐまさん
コメントありがとうございます。
私は鳥のことは全く知りませんが、虫こぶの中の虫を食う鳥にとっては、虫こぶは餌の存在を知らせる目印になってしまう可能性もあるような気がします。
虫こぶは、その形や生態に心魅かれますね。


投稿: ハンマー | 2012年6月16日 (土) 16時49分

こんばんは。
別件で、ささやかながらまた面白いことがありました。
最近飼い始めた蓑虫(チャミノガとニトベミノガ)にエゾエノキの葉を与えたら、蓑虫は虫こぶ(エノキカイガラキジラミ?)の部分を避けて食べていました。
タンニンの話からすると、忌避するのは当然ですね。
ヤナギハムシが虫こぶを好んで食べるというハンマーさんの報告が一層興味深く思えてきました。

投稿: しぐま | 2012年6月17日 (日) 22時13分

しぐまさん

私は、証拠もないまま、思いつくままに書いているだけですが、虫こぶをめぐる生態にも深いものがありそうです。

投稿: ハンマー | 2012年6月19日 (火) 07時25分

イスノキの葉にできる虫こぶを、アカガネサルハムシが熱心?に食べている光景を撮影したことがあります。
大分県の知人のお宅の生け垣です。それも複数個体で観察しており、まるで常食のように見受けました。
これは一体どう解釈すればいいのか、といまだに謎です。

投稿: 新開孝 | 2012年7月14日 (土) 20時11分

新開孝さん、レスが遅くなってすみません。
ヤナギハムシも、虫こぶのないヤナギの木では普通に芽などをかじっているのですが、この写真を撮ったヤナギの木では虫こぶを好んで食っているように見えるのが、不思議です。

投稿: ハンマー | 2012年8月 6日 (月) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/45633625

この記事へのトラックバック一覧です: 虫こぶをかじるヤナギハムシ:

« カメノコテントウの幼虫 | トップページ | クロフハネナガウンカ? »