« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ヒヨドリバナの蕾に産卵するツマホシケブカミバエTrupanea convergens

7822_2

 また引きこもりそうな気配なので、「一寸のハエにも五分の大和魂・改」に出した写真をそのまま、出しておきます。

 ヒヨドリバナの蕾に産卵していたミバエで、翅の斑紋は北隆館の昆虫大図鑑3のツマホシケブカミバエTrupanea convergensの図に似ていますが、図鑑にはこのミバエの幼虫はヤクシソウの蕾に寄生する由の記載があるので、別種だろうと思いましたが、大和魂でツマホシケブカミバエで正しいと教えていただきました。

 図鑑にはツマホシケブカミバエはヤクシソウの蕾に寄生すると記載されていますが、ヒヨドリバナの蕾にも産卵していたということから、このミバエはキク科のかなり広い範囲の植物を利用できるのではないかと思われます。

 なお、別の目的で採集していたヒヨドリバナの蕾からこのミバエが羽化してきましたので、ツマホシケブカミバエがヒヨドリバナに産卵していたことは間違いありません。

 風と手振れが重なってひどい代物ですが、動画をアップしましたので、下のURからご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=kHEi-V1KZU8

(2012年7月22日、兵庫県篠山市)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2012年8月20日 (月)

クヌギエダイガフシに産卵するタマバチの1種

Tamabati_1_120819_104434

 成長途上のクヌギエダイガフシに産卵しているタマバチをみつけました。
 日本原色虫えい図鑑によるとクヌギエダイガフシに寄生する同居蜂として Diplolepis kunugi という種が知られているそうなので、それかもしれません。 
 この虫こぶを作るクヌギエダイガタマバチは体長5mmの大きなタマバチで、当地では1月に脱出してきますが、写真のタマバチの体長は2mmを少し超える程度でした。

Tamabati_2_120819_104450
ちょっとアップ。
 (2012年8月19日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

「のぞいてみようハチの世界」を見てきました。

Mituhati120729_105731

 

 昨日は大阪市立自然史博物館に行ってきました。今、「のぞいてみようハチの世界」という特別展が開催されていて、実は私の写真と動画も数点展示していただいています。思いの外、というと失礼かもしれませんが、夏休み中ということもあって盛況で、私の撮ったものが大勢の方の目に触れるというのはうれしいことです。ブログは基本的にはマニアの世界ですからね。

 各分類群の解説と共に、たくさんのハチの標本が展示してあり、私はミーハーですから、デカイとか、形が奇抜とか、ピカピカできれいとかいうやつを中心に堪能させていただきました。おそらく、よりマニアックな方でも、それなりの楽しみ方ができる展示になっていたと思います。虫好きの方は足を運んで損はないと思います。10月14日までとのことです。

 また、午後から学芸員の松本吏樹郎さんのクモヒメバチについてのセミナーも開催されましたので、それも聴講してきました。松本さんに初めてメールしてクモヒメバチについてお聞きしたのが、2004年の6月でしたが、昨日、初めてお目にかかり、ご挨拶することができました。私はいい歳をして、人見知りな性格なので、ろくすっぽ話もできませんでしたが、まあ、OKということにしておきましょう。

 ところで、この博物館は長居公園の中にあって、セミナーの途中から激しい雷の音が聞こえていましたが、公園内の落雷で死者まで出ていたのには驚きました。1時間以上も博物館内に缶詰になったり、帰りの地下鉄やJRのダイヤが滅茶苦茶になっていたり、なにかと印象に残る日になりました。

博物館ではいい写真が撮れませんでしたので、ハチつながりでセイヨウミツバチ(多分)の写真を出しておきました。
(2012年7月29日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月17日 (金)

クロフハネナガウンカ?

 なんと、3ヶ月以上も更新をサボってしまいました。特に理由があったわけではなく、なんとなくめんどくさくなって、ズルズルと今日に至ってしまいました。
 特に理由もなく始まってしまった、web的引きこもりですので、特に理由もなく、再開します。しばらくは、引きこもっていた間に撮っていた写真を使ってリハビリですね。

Kurofu_1_120805_095859

 エノキの大木の幹にとまっていたクロフハネナガウンカと思われるハネナガウンカです。ピントの悪い写真ですが、2匹写っています。一緒にいるとも、言い難い微妙な距離ですが、意味ありげで気になりました。また、全く覚えてませんでしたが、2008年の記事で同じハネナガウンカをみつけたのは、今回と同じエノキの大木でした。これも意味ありげです。

Kurofu_2_120805_093910

 ちょっとアップ。
 (2012年8月5日、兵庫県三田市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »