« アラカシの芽に産卵するタマバチの1種 | トップページ | サラサリンガが激減? »

2012年12月24日 (月)

シャクガ科の幼虫

_1_121216_105303

 めぼしいものが見つからなくて、しばらく更新できませんでした。

 コナラの枝で見つけたシャクガ科の幼虫です。見事な擬態ですね。分岐した枝に見える背中のコブもすごいですが、特に感心したのは芽に見える頭部の形態です。

 ちょっと調べてみましたが、種はわかりませんでした。

_2_121216_105404

 頭部のアップです。
 (2012年12月16日、兵庫県三田市)

|

« アラカシの芽に産卵するタマバチの1種 | トップページ | サラサリンガが激減? »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

おみごと! です。
これは生き物には見えません。
化けた方も見つけた方も、ご立派です。
エダシャク亜科?なんでしょうかねー。

投稿: ezo-aphid | 2012年12月27日 (木) 19時42分

ezo-aphid さん
コメントありがとうございます。
エダシャクだろうとは思いますが、よくわかりませんでした。
こういうのを見つけると、普段、どれだけの虫を見逃しているのだろうか?
ということが気になってきます。

投稿: ハンマー | 2012年12月28日 (金) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039471/48453014

この記事へのトラックバック一覧です: シャクガ科の幼虫:

« アラカシの芽に産卵するタマバチの1種 | トップページ | サラサリンガが激減? »